大和版 掲載号:2017年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

厚木基地空母艦載機 移駐は今年11月から 防衛省が市に伝える

社会

戦闘機などが離着陸する厚木基地
戦闘機などが離着陸する厚木基地
 在日米軍再編に伴い、2017年頃とされていた厚木基地の米海軍空母艦載機移駐。1月20日に防衛省の職員が大和市役所をはじめとする基地周辺自治体を訪れ、今年11月から移駐を開始し、来年5月に完了する見通しというスケジュールを説明した。

 厚木基地を使用している米海軍空母艦載機の山口県岩国基地への移駐については、在日米海軍司令部が今年1月5日に発表したプレスリリースの中で、2017年後半から段階的行うとしていた。その一方で、移駐完了までの具体的なスケジュールには触れられておらず、市は詳細なスケジュールなどを早急に示すよう国に求めていた。

 今回、大和市を訪れた防衛省南関東防衛局の職員が市に対して行った説明によると、移駐は今年11月に始まり、来年5月までに3段階で実施されるという。

 厚木基地を使用している航空機などのなかでも騒音が激しいFA18戦闘攻撃機については、11月の第1段階で2部隊、来年5月の第3段階で残りの2部隊が、それぞれ岩国基地へと移る。そのほかの部隊も来年1月の第2段階を中心に移駐する予定。対象となる機数は全部で61機となる見通し。また、今回の移駐に伴い、軍人や軍属、家族ら約3800人も、移住する見込みとなっている。

 今回の情報提供を受け、大木哲市長は「スケジュールが具体的に示され、空母艦載機移駐が実現に向けて着実に進められているものと捉えている」とコメント。また、「国は一日も早く移駐を完了させ、移駐後の運用等も含め確実に市民負担の軽減に結びつけるよう、全力で取り組んでもらいたい」とした。

11年越しに実現へ

 厚木基地の空母艦載機移駐については、11年前の06年5月に日米両政府間で合意された「再編実施のための日米ロードマップ」で、14年までに岩国基地へ移すことが示された。しかし13年、国は「施設整備の全体工程を見直した結果、移駐は17年頃になる見込みである」と説明。これを踏まえ、大和市を含む厚木基地周辺9市と神奈川県、国は、移駐までの具体的なスケジュールや進捗状況、移駐完了までの間の騒音軽減策などについて情報交換を行うことを目的に「厚木飛行場からの空母艦載機の移駐等に関する協議会」を設置。情報収集と早期移駐完了などを求めてきた。

大和版のトップニュース最新6件

「中学生になるのが楽しみ」

光丘中学区

「中学生になるのが楽しみ」

5月25日号

銀座通りに賑わい再び

小田急桜ヶ丘駅前

銀座通りに賑わい再び

5月25日号

早くも270人が応募

市版五輪

早くも270人が応募

5月18日号

ちょこっと語ろう、震災・防災

市内初の認定NPO

サンバパレードが復活

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青葉祭が開催

青葉祭が開催

27日 聖セシリアで

5月27日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク