大和版 掲載号:2017年12月8日号 エリアトップへ

県が選ぶ街の「いいお店」 ブティックすずきが受賞 地域のおしゃれ支え90年

社会

掲載号:2017年12月8日号

  • LINE
  • hatena
服の前で表彰状を持つ鈴木静子さん
服の前で表彰状を持つ鈴木静子さん

 市内福田の婦人服店「ブティックすずき」(鈴木静子店長)が、2017年度神奈川県優良小売店舗に選ばれた。同店はおしゃれに関心の高い幅広い年齢層の女性が足を運び、中学校の制服指定店としても地域に根づいている。

 この表彰は県内で中小小売業や飲食店を営む店舗の中から、真心尽くしたサービスと味や技が自慢の「いいお店」を表彰するもの。県と(一社)県商工会議所連合会及び県商工会連合会との共催で1976年から実施され、42回目の今回は県内34店舗が選ばれた。

 今年度市内で唯一選ばれたブティックすずきは1926(大正15)年に初代・喜代松さんが足袋の製造販売店として開業、1955(昭和30)年頃、洋裁を得意としていた2代目・ヨシ子さんが婦人服販売を開始した。現店主の3代目・静子さんは「90年以上かけて初代と2代目が築いてきたことが現在まで受け継がれ、今回の表彰につながったと思う」と受賞を喜んだ。

高齢者に配慮

 店には、静子さんが「実年齢より5歳若く見られること」を意識して仕入れた1点ものがずらりと並び、50歳から90歳まで幅広い年齢層の女性が足を運ぶ。広々とした試着室に椅子や手すりを設けるなど高齢者に配慮した店づくりが評判で、遠方から通う人もいるという。また近隣の老人施設にも客がおり、依頼があれば出張も行っている。

 同店は渋谷中の制服指定店としても地元で有名。体格が大きく変化する時期のため、無駄買いをさせないためのサイズや点数の提案は腕の見せ所だ。3人の子の母である静子さんは母親目線でアドバイスをし、進学を前に不安な表情を浮かべる親子に対しては力づける言葉をかけるという。

 店休日に仕入れをし、接客まで全て1人で切り盛りしている。「『商いは”飽きない”』という初代の考えを守り、やりがいを感じて続けてきた。何歳になってもおしゃれを楽しんでもらいたいので、お客様に寄り添い今後も頑張りたい」と謙虚に微笑んだ。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

市内で早くも学級閉鎖

インフルエンザ

市内で早くも学級閉鎖 社会

昨季より2か月早く

10月11日号

「市民の台所」へ 食品充実

スーパー開店

「市民の台所」へ 食品充実 社会

11日ローゼン、12日イオンスタイル

10月11日号

南房総、食べて応援

10月5・6日大和駅前

南房総、食べて応援 社会

全国の「うまいもの」集結

10月4日号

14歳が「髪を切る」理由

タウンレポート

14歳が「髪を切る」理由 社会

知って「ヘアドネ」

10月4日号

10・1から集中販売

プレミアム付商品券

10・1から集中販売 経済

市内4カ所で6日まで

9月27日号

市内ゆかりの選手が出場

市内ゆかりの選手が出場 スポーツ

あす開幕、茨城国体

9月27日号

中高年のひきこもり支援

大和市

中高年のひきこもり支援 社会

10月から 専用ダイヤルも

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

巨匠の思い出語る

巨匠の思い出語る

10月16日 シリウスで美術講演会

10月16日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク