大和版 掲載号:2018年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

大和市 インフル 警報レベルに 今冬初の「学年」閉鎖も

社会

 県厚木保健福祉事務所大和センター管内の1定点医療機関当たりのインフルエンザ患者数が「51・27」となり、流行警報レベルの基準値「30」を超えたことが分かった。大和市内の小・中学校では今冬初となる学年閉鎖や、学級閉鎖が相次いでおり、市では、うがい、手洗いの励行とともにマスクによる咳エチケットを呼びかけている。

 大和市と綾瀬市を管轄する神奈川県厚木保健福祉事務所大和センター(大和市中央)によると、第3週(1月15日から21日)のエリア内の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者数を対象医療機関数で割った、1定点医療機関当たりの報告数は51・27だった。

 今冬シーズンの同管内のインフルエンザ発生状況は、第52週(2017年12月25日から31日)の定点報告数が11・00と、注意報レベルの「10」を超えたものの、その後、第1週(1月1日から7日)は6・30と減少。しかし、第2週(1月8日から14日)には26・27と大幅な増加を見せ、第3週(1月15日から21日)に、前週のおおよそ倍となる51・27となった。

 インフルエンザは、1定点医療機関当たり1を超えると流行シーズンに入り、10を超えると注意報レベル、30を超えると警報レベルとされている。大和市や綾瀬市では現在、警報レベルに達しており、十分な注意喚起が必要になっている。

手洗いうがいで予防

 大和市立小・中学校のインフルエンザ等による学級閉鎖の状況も、11月は2クラス、12月も8クラスだったが、1月に入り急増し、1月26日の時点で61クラスとなった。また、23日には下福田小学校、29日から30日にかけて上和田小、北大和小、引地台中で、学年閉鎖が実施された。(1月30日起稿)

 神奈川県全体でも県内346カ所の医療機関を定点とする1定点医療機関当たりのインフルエンザの患者数が第3週に「54・49」となり、1月25日に県が流行警報レベルを発表している。

 市では「外から帰ったら手洗いとうがい。規則正しい生活と休養、バランスのとれた食事と適切な水分補給をし、症状がある時はマスク、咳エチケットを忘れずに」と呼びかけている。
 

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

大和版のトップニュース最新6件

学習センターに移動

こども〜るつきみ野

学習センターに移動

2月23日号

市民税、2年ぶり増収

大和市新年度予算

市民税、2年ぶり増収

2月23日号

駐輪場シェア企業と協定

大和市

駐輪場シェア企業と協定

2月16日号

交通事故、16年ぶり増加

2ペアが全国へ

大和ジュニアソフトテニスクラブ

2ペアが全国へ

2月9日号

救急出動、過去最多

大和市

救急出動、過去最多

2月9日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク