大和版 掲載号:2018年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

「着物ドール」で和に触れる 唐澤さん(下鶴間)がシリウスで教室

文化

和柄の千代紙が着物や帯に映える作品(上)と唐澤さん(下)
和柄の千代紙が着物や帯に映える作品(上)と唐澤さん(下)
 昔懐かしい「ダイヨ」の折り紙を着物に見立て、人形を作る「和く和く着物ドール」が3月26日(月)、シリウス3階の屋内こども広場多目的室で開催される。午前10時から正午。参加無料。

 指導するのは、市内下鶴間でフラワーアレンジメントの教室を開く唐澤ひとみさん。「着物ドール」は、小さなペットボトルを胴体に、折り紙や和紙、千代紙を着物にし、アレンジした花を挿して作る人形のこと=写真上。昨年1月に倒産した和紙製造の老舗「ダイヨ」の折り紙を横浜在住のフラワーデザイナー・星野久美さんが「もう一度活かしたい」と考案したものだ。

 星野さんは昨年5月、ニューヨークメトロポリタン美術館へ出展するフラワーオブジェに、「ダイヨ」から在庫の和紙を購入した会社から折り紙を譲り受け、桜や鶴を飾り付けた。その後、「ダイヨ」の折り紙を使い、和の文化を子どもたちに伝えていきたいと「着物ドール」を思いついた。

 6年前からフラワーアレンジの教室に通っていた唐澤さんは、現在、自ら教室を開きつつ、星野さんの師事を受けており、メトロポリタン美術館の出展作にもメンバーとして参加した。着物ドールは、自身の教室に通う生徒に教えていたほか、かつて勤めていた幼稚園の教え子たちが、成人式を迎えるのを記念して作った経験を持つ。今回の講習会は、シリウスからの依頼で実現した。

 唐澤さんは「春休みなので親子で着物や折り紙と言った日本の伝統文化を親子で触れるきっかけになれば」と参加を呼び掛けている。

 受講希望者はシリウス3階のこども広場カウンターで直接または電話(046・259・7592)で申込みのこと。

<PR>

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シリウス探検

シリウス探検

応募4月末まで

5月23日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク