大和版 掲載号:2018年5月4日号
  • googleplus
  • LINE

5/4・5 13m四方の凧が大空へ 座間市で大凧まつり

文化

大勢で大凧を掲揚する=昨年
大勢で大凧を掲揚する=昨年
 かながわのまつり50選に選ばれている座間の伝統行事「座間市大凧まつり」が5月4日(金)・5日(土)、相模川グラウンドで開催される。時間は午前10時から午後4時まで。主催は座間市大凧まつり実行委員会。観覧無料。

 約13m四方、重さ1tもの大凧が大空を舞うこのまつりは、200年以上の歴史を誇るイベント。江戸時代の文化・文政年間(1804〜1830)の頃、男児の初節句を祝い、健やかな成長を願って始まった。凧は時代が進むにつれて次第に大きくなり、明治時代中期に畳102畳分に相当する現在の大きさになった。

 この伝統を受け継いでいるのが、有志で構成される「座間市大凧保存会」。例年2月頃から制作を始め、約150本の竹を使う「骨組み」、専用の手すき和紙250枚を使用する「紙張り」、児童らと共に行う「文字書き」、凧にひもをつける「糸目つけ」を経て、まつり当日、骨組みに紙を張り付け完成となる。

イベント多数4日は昼花火も

 大凧の掲揚は午前11時半から。相模川グラウンドの凧揚げ会場(上記マップ参照)で行われる。今年は開会式終了後、大仙市の協力で昼花火を打ち上げ(4日午前9時頃)。また座間市内の中学校6校の一間凧掲揚(5日11時)や子ども力士によるわんぱく相撲座間場所(4日)、在日米陸軍軍楽隊による演奏(両日)など、催し多数。

 問合せは同委員会事務局【電話】046・252・7604。

大和版のローカルニュース最新6件

鶴間ほうさい殿

家族葬から一般葬儀までご相談ください

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク