大和版 掲載号:2018年5月25日号
  • LINE
  • はてぶ

小田急桜ヶ丘駅前 銀座通りに賑わい再び 5/27に朝市を初開催

経済

県内各地の特産品も並ぶ
県内各地の特産品も並ぶ
 大和商工会議所桜ヶ丘支部と桜ヶ丘自治会は、小田急線桜ヶ丘駅前にかつてのような賑わいを創出しようと5月27日(日)、東口すぐの銀座通りで朝市を初めて開催する。朝市には地元の朝採れ野菜などが並ぶ他、県内各地の特産品などが多数出店する。

小田原のかまぼこや三崎のマグロも登場

 朝市の会場は、銀座通り入口の「森本時計店」から70mほどの間。

 かながわ朝市ネットワークの協力のもと、出店者を募り、小田原の蒲鉾や三崎のマグロ(冷凍)、横浜の焼売、厚木の鮎など県内各地の特産品が並ぶ。またその場で食べられるクレープやハンバーガー、焼きそば、かき氷なども出店するなど、大人から子どもまで楽しめる内容になっている。

 地元からは久田地区の農家が育てた大根やトマト、キュウリといった朝採れ野菜が並ぶほか、通り沿いの「のんの寿司」、「マルヤ」が店を開け、寿司や団子などを販売する。また駅近くの居酒屋「秋田屋」が煮込みを、イタリア料理の「アフェット」がシフォンケーキを販売するなど商店会からも多数出店する。当日は飲食を中心とした物品販売だけでなく、似顔絵描きも参加、朝市を盛り上げる。桜ヶ丘支部の小川政男支部長は「新たな地域活性の取り組みになれば」と期待を寄せる。

 朝市は、午前10時から午後2時。雨天決行。今後は季節ごとの年4回の開催を予定している。朝市に関する問合せは小川さん【携帯電話】080・3935・0077。

※  ※

 1952(昭和27)年開業の桜ヶ丘駅は、当初東口にしか改札口がなく、西側地域の住民も銀座通りを通った。最盛期には生鮮産品を含む80もの店が軒を連ねていた。

大和版のトップニュース最新6件

「研究、研修の総本山に」

三機テクノセンターオープン

「研究、研修の総本山に」

10月19日号

大和JCが40周年

大和JCが40周年

10月19日号

″海なし大和″から頂点

全日本サーフィン選手権

″海なし大和″から頂点

10月12日号

岐阜・高山で被災農家支援

西日本豪雨

岐阜・高山で被災農家支援

10月12日号

「ここさぽ」オープン

桜ヶ丘駅西口すぐ

「ここさぽ」オープン

10月5日号

最大瞬間風速44m超

台風24号

最大瞬間風速44m超

10月5日号

横浜商科大学高等学校

学校説明会10月20日(土)・11月23日(金)・12月1日(土)、予約不要

http://www.shodai-h.ed.jp/

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作り作家の祭典 新たに

手作り作家の祭典 新たに

綾瀬で「ララ マルシェ」開催

11月10日~11月10日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク