大和版 掲載号:2018年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

小田急桜ヶ丘駅前 銀座通りに賑わい再び 5/27に朝市を初開催

経済

県内各地の特産品も並ぶ
県内各地の特産品も並ぶ
 大和商工会議所桜ヶ丘支部と桜ヶ丘自治会は、小田急線桜ヶ丘駅前にかつてのような賑わいを創出しようと5月27日(日)、東口すぐの銀座通りで朝市を初めて開催する。朝市には地元の朝採れ野菜などが並ぶ他、県内各地の特産品などが多数出店する。

小田原のかまぼこや三崎のマグロも登場

 朝市の会場は、銀座通り入口の「森本時計店」から70mほどの間。

 かながわ朝市ネットワークの協力のもと、出店者を募り、小田原の蒲鉾や三崎のマグロ(冷凍)、横浜の焼売、厚木の鮎など県内各地の特産品が並ぶ。またその場で食べられるクレープやハンバーガー、焼きそば、かき氷なども出店するなど、大人から子どもまで楽しめる内容になっている。

 地元からは久田地区の農家が育てた大根やトマト、キュウリといった朝採れ野菜が並ぶほか、通り沿いの「のんの寿司」、「マルヤ」が店を開け、寿司や団子などを販売する。また駅近くの居酒屋「秋田屋」が煮込みを、イタリア料理の「アフェット」がシフォンケーキを販売するなど商店会からも多数出店する。当日は飲食を中心とした物品販売だけでなく、似顔絵描きも参加、朝市を盛り上げる。桜ヶ丘支部の小川政男支部長は「新たな地域活性の取り組みになれば」と期待を寄せる。

 朝市は、午前10時から午後2時。雨天決行。今後は季節ごとの年4回の開催を予定している。朝市に関する問合せは小川さん【携帯電話】080・3935・0077。

※  ※

 1952(昭和27)年開業の桜ヶ丘駅は、当初東口にしか改札口がなく、西側地域の住民も銀座通りを通った。最盛期には生鮮産品を含む80もの店が軒を連ねていた。

大和版のトップニュース最新6件

地域の力で鐘楼再建

若宮八幡宮

地域の力で鐘楼再建

8月10日号

49年ぶりの快挙

市消防団第1分団

49年ぶりの快挙

8月10日号

ポラリス開所

ポラリス開所

8月3日号

1か月で80人超搬送

熱中症

1か月で80人超搬送

8月3日号

ケガ乗り越え 夢の全国

大和高校矢内さん(競歩)

ケガ乗り越え 夢の全国

7月27日号

今週末は阿波おどり

残暑お見舞い申し上げます

花のお寺 常泉寺~縁結び菩薩~

四季折々の花が迎える「花浄土」。縁結び菩薩、かっぱのお寺としても有名です。

http://www.jousenji.com/

花翠流家元 花翠照(カスイ)

新日本舞踊・創作舞踊。随時生徒募集中→℡ 090・1202・4926

http://studiokasui.com/

台湾高座会留日75周年歓迎大会

海上自衛隊横須賀音楽隊と慶大ワグネル合唱団が出演@シリウス(要申込・先着順)

http://www.jt75.info

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

更年期を「好年期」に

更年期を「好年期」に

8月25日ポラリスで講座

8月25日~8月25日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月10日号

お問い合わせ

外部リンク