大和版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷リトル 大和球児が大活躍 県大会でV 全国大会出場へ

スポーツ

(左から)百井君、丸井君、渡部君、鈴木君、前川君
(左から)百井君、丸井君、渡部君、鈴木君、前川君
 硬式少年野球チーム「瀬谷リトルリーグ」が「全日本リトルリーグ野球選手権神奈川連盟大会」に出場し、7年ぶりに優勝を果たした。優勝を決めた試合では、大和クラブジュニア出身の百井隼人君(南林間中1年)と鈴木湧君(東海大学付属相模中1年)がホームランを打つなど、大和市出身の選手が活躍した。

 リトルリーグは、小学6年生と中学1年生の2学年でチーム編成される。大会には県内から12チームが参加。予選トーナメントの上位2チームと、敗者復活戦を勝ち上がった2チームの、計4チームによる総当たりの決勝リーグで優勝を争う。優勝すると全日本大会に進み、日本一のチームは、アメリカで行われる世界大会に進むことができる。リトルリーグの年代では世界につながる唯一の大会で、過去には現日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手も出場している。

敗者復活枠から日本一を目指す

 瀬谷リトルは打線が好調で、予選の1、2回戦を10対0、10対7と快勝。しかし、勝てば決勝リーグ進出が決まる旭戦に逆転で敗れ、敗者復活戦へ。敗者復活戦を勝ち抜き決勝リーグへ進んだ瀬谷は、予選で敗れた旭戦に5対4と勝利。百井君がリリーフで1イニングを抑え、雪辱を果たした。続く横浜青葉戦も6対3で勝利。3番を打つ百井君は、3打席連続敬遠されるなど相手から警戒されていた。

 勝てば優勝が決まる横須賀中央戦は圧勝。百井君の2ランホームランで先制すると、鈴木君が満塁ホームランで追加点。百井君が2本目のホームランでダメを押し、3戦全勝で優勝に輝いた。百井君は、「優勝が決まった瞬間はわけが分からないほど嬉しかった」と照れたように笑い、鈴木君も「狙い球を絞ってヒットに繋げることができた。みんなで勝てたのが嬉しい」と声を弾ませた。

 2人の他、大会ではショートを守った渡部祐君(深見小6年)もチームで最多安打を放つなど活躍。「ピンチでも楽しめた。いつもより打てたし、守備も強い気持ちでできた」と話した。

 また、多くの出場機会には恵まれなかった前川虎太朗君(光丘中1年/大和深見ドラゴンズ出身)は「練習試合で負けていたチームに勝てて良い波に乗れた」と分析。予選のみのベンチ入りとなった丸井善幸君(南林間中1年/南林間ファイターズ出身)も「チーム全体で盛り上がれたのがいい結果に繋がった」と喜びを語った。

 全日本大会は7月20日から22日まで長野県で開催。神康裕監督は、「守備力の強化が今後の課題」と話し、日本一を目標に掲げる。大和出身の選手たちも口を揃えて「優勝」を目標に掲げた。

 全日本大会での14人のベンチ入りメンバーは、今月下旬頃に決定する予定とのこと。

大和版のトップニュース最新6件

42年目で体育祭を初開催

大和南高校

42年目で体育祭を初開催

6月15日号

「ドラレコ」を寄贈

セルスター工業

「ドラレコ」を寄贈

6月15日号

保育士確保に新補助制度

大和市

保育士確保に新補助制度

6月8日号

初認定は三機建替え事業

市企業振興条例

初認定は三機建替え事業

6月1日号

岡田季樹(としき)君が準大賞

かながわ音楽コンクールユースピアノ部門

岡田季樹(としき)君が準大賞

6月1日号

銀座通りに賑わい再び

小田急桜ヶ丘駅前

銀座通りに賑わい再び

5月25日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最後の林間で歌おう

最後の林間で歌おう

6月24日 うたごえ「青麦」

6月24日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク