神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2018年6月15日 エリアトップへ

セルスター工業 「ドラレコ」を寄贈 外出介助サービスのNPOに

社会

公開:2018年6月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
寄贈式の様子。下段左端が勝永社長
寄贈式の様子。下段左端が勝永社長

 自動車関連電子製品の製造・販売を手掛けるセルスター工業株式会社(本社・市内つきみ野/勝永猛雄代表取締役)が、NPO法人ワーカーズ・コレクティブ・ケアびーくる(奥平ます美理事長)にドライブレコーダー4台を寄贈した。6月4日には、奥平理事長らが同社を訪れ、活用状況を報告した。

 「ケアびーくる」は、1人での外出が困難な人を対象に、車での送迎と介助サービスを行う市内団体。1998年から活動を始め、一昨年、県と市の指定NPOとなった。

 あおり運転による事故報道をきっかけにドライブレコーダーが脚光を浴び、ケアびーくるでは今年3月の定例会でレコーダー設置を検討した。法定速度で細心の注意を払い運転するため、あおられる危険性が高く、運転手の要望は強かったが、予算面で断念。僅かな望みを懸け、メーカーにレコーダーの寄贈を依頼することになった。

 依頼を受けたのが、市内に本社を構え純国産レコーダーを製造するセルスター工業。市内のNPOであることに加え、自ら介護経験があり福祉職への理解があった勝永社長は寄贈を即決。福祉車に適したモデル4台を提供した。「トントン拍子で話が進み、私たちは感激しきりだった」と菅野待子副理事長は振り返る。

 6月4日には、奥平理事長らが同社を訪問。感謝状を贈呈し、録画した映像を使用し検証会を開催していること等、活用状況を報告した。報告を受けた同社管理部の杉本裕輔次長は「市内の団体に貢献できよかった。高品質の完全日本製なので、安心・安全な運行に役立ててほしい」と話した。

録画映像を使用した検証会
録画映像を使用した検証会

大和版のトップニュース最新6

自転車の違反に反則金

改正道交法

自転車の違反に反則金

2年以内に施行

5月24日

「交流カフェ」始まる

大和市民活動センター

「交流カフェ」始まる

5月27日にプレオープン

5月24日

30周年にスタンプラリー

大和商工会議所

30周年にスタンプラリー

「飲食で市内に活気を」

5月17日

2年連続で県央V

南林間中野球部

2年連続で県央V

大和、光丘もベスト4に

5月17日

認証「悠」を取得

特養ホームみなみ風

認証「悠」を取得

全国7施設目、県内で初

5月10日

市民と市長が対話

大和市

市民と市長が対話

次期総合計画へ意見交換

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

災害に向けた健康対策を

災害に向けた健康対策を 文化

6月1日にオンライン講座

6月1日~6月1日

大和版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook