大和版 掲載号:2018年8月31日号
  • LINE
  • hatena

中央林間一輪車クラブ 目標は日本一 9月16日、福島県で全国大会

スポーツ

後列左から、佐藤さん、藤巻さん、和田湊さん、岩下さん、齊藤さん前列左から、上條さん、内藤さん、和田紬さん、多喜さん
後列左から、佐藤さん、藤巻さん、和田湊さん、岩下さん、齊藤さん前列左から、上條さん、内藤さん、和田紬さん、多喜さん
 中央林間一輪車クラブ(山田誠司代表)は9月16日(日)、福島県須賀川市で開かれる「第6回全国小学生一輪車大会(公益社団法人日本一輪車協会主催)」に出場する。

 クラブは2001年に発足し、現在、小中学生約20人が所属。毎週平日の夜2回と、土日の日中練習を続けている。

 大会には、ビデオ審査を通過した、ペア演技部門に24組、グループ演技部門に18グループが出場する。同クラブからは、岩下美霞さん(北大和小5)と佐藤綾花さん(町田市立町田第三小6)がペアに、2人に藤巻志帆さん(町田市立小山田南小6)、多喜日和さん(北大和小6)、和田湊さん(文ケ岡小6)、上條夏希さん(中央林間小5)、内藤咲希さん(文ケ岡小5)、齊藤由菜さん(草柳小4)、和田紬さん(文ケ岡小4)を加えた9人がグループに出場する。

 グループ演技は、3分45秒の長丁場。音楽に合わせて複雑なフォーメーションやスピン、ジャンプ等の技を繰り出す。

 同クラブは、フラメンコをモチーフにした作品で大会に挑む。「メリハリをつけて踊れるようにもっと練習したい」(和田湊さん)「いつもより技が多い振付だから、もっと完成度をあげたい」(齊藤さん)と練習にも熱が入る。メンバーが口を揃える目標は「優勝」。キャプテンの藤巻さんは「練習したものを全部出し切って優勝したい」と意気込みを語った。

息のあった演技を見せる
息のあった演技を見せる

大和版のトップニュース最新6件

補正に”オスプレイ交付金″

知ってる?骨髄ドナー支援

タウンレポート

知ってる?骨髄ドナー支援

2月22日号

「新改札」来年度から着工

小田急線中央林間駅

「新改札」来年度から着工

2月15日号

人・まちの健康に重点

表明は議会終了後か

市長選

表明は議会終了後か

2月8日号

「あいサポート運動」を導入

2/24家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月1日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

時代を彩った名曲たち

5組10人招待

時代を彩った名曲たち

3月10日 ウィーンホール

3月10日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク