大和版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

11月3日 開館記念公演に登場 シリウス2周年 「星へ恩返しをする舞台に」 篠原ともえさんインタビュー

文化

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

 文化創造拠点シリウスでは、11月3日に開館2周年記念公演「宙(そら)〜紡ぐ言の葉〜」を上演する。宇宙や星をテーマに市民から集めた言葉をもとに小川糸さんが書き下ろした物語を、朗読と合唱で綴る作品。朗読で出演するアーティスト・篠原ともえさんに、意気込みと宇宙に対する思いを聞いた。

「宙(そら)ガール」シリウスへ

 東名高速を走っているときに「日本一の図書館の街 大和市」の横断幕を見て気になっていたという篠原さん。今回オファーを受け「市民で作品をゼロから『紡ぐ』というのが面白いと思いました。皆さんの生きた経験で創った物語なので、上手く届けられたら」と意気込む。衣装デザイナーでもある篠原さんが物語を読んで選んだ、今回初めて着用するオリジナルデザインの衣装も見どころだ。

 篠原さんはプラネタリウムで星空解説を開催するなど「宙(そら)ガール」としても活躍している。興味を持つきっかけは、7歳の頃、母の故郷・青ヶ島で星を見たこと。「望遠鏡で見ると星が色を持っていて魅せられました。シリウスも白色の中に虹のスペクトルが見えたのです」と目を輝かせる。物語の主人公と同じ9歳の頃は、図書館で借りた藤井旭さんの図鑑を見ては、夜空を眺める少女だったという。

星は「友達」

 物語の主人公は母親からの告白が原因で家を飛び出し、孤独な中で見上げた星を「味方」と感じる。実は篠原さんも子どもの頃、同様の感情を抱く体験があった。「唯一の味方と思っていた母とけんかをし、1人で星を見ていたことがあります。星は感情と裏腹に元気に光るので、『なぜ気持ちを分かってくれないの』と思ったのですが、じっと見ていると慰められていました」。現在も天体観測は生活の一部で、星は友達のような存在だという。

 岡山県美星町など、全国各地の星を愛する地域に足を運ぶ篠原さん。「シリウス」「ポラリス」など星の名を冠する施設が多く誕生した大和でも、星への関心が高まると嬉しいと話す。「これまで私は星に助けられ、インスピレーションをもらいました。この舞台は星に恩返しをする気持ちで出演したい。また公演を通し、大和の皆様にも夜空を見上げ、星を見る機会が多くなれば嬉しいです」

 11月3日15時開演。全席指定1500円(学生千円)。(問)やまと芸術文化ホールチケットデスク【電話】046・263・3806(9時〜20時)

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

20日から終電繰り上げ

【Web限定記事】市内運行鉄道3社

20日から終電繰り上げ 社会

緊急事態宣言の再発出に伴い

1月22日号

4月29日に開催へ

大和市2021成人式

4月29日に開催へ 社会

シリウスで3部制に変更

1月22日号

大和市から3人が受賞

【Web限定記事】

大和市から3人が受賞 スポーツ

令和2年度県スポーツ功労者表彰

1月22日号

団子焼く 姿少なく

【Web限定記事】

団子焼く 姿少なく 文化

諏訪神社で左義長神事

1月22日号

消防団員28人を表彰

【Web限定記事】大和市・神奈川県

消防団員28人を表彰 社会

1月22日号

合唱団員募集

求む男性の歌声

合唱団員募集 文化

綾瀬でオペラを!の会

1月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク