大和版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

「国境なき」活動で地域貢献 遠藤武男会長に総務大臣表彰

社会

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
大木市長を訪れた遠藤会長(中央)と山元哲夫自治会連絡協議会会長(右)
大木市長を訪れた遠藤会長(中央)と山元哲夫自治会連絡協議会会長(右)

 県営いちょう下和田団地連合自治会の会長を務める遠藤武男さん(77)が、「平成30年度自治会等地縁による団体功労者総務大臣表彰」を受けた。市内での同賞受賞は初めて。

 同賞は、多年に渡り地域団体の代表者を務め、顕著な功績を残した人を対象に贈られる。今年度の受賞者は、遠藤会長を含め全国で143人。県内では9人が受賞した。

 遠藤会長は1975年から県営いちょう下和田団地の自治会活動に参加。91年4月から14年間、同団地第三自治会会長を務めた後、現在まで同団地連合自治会会長を務めている。地域における防犯・交通安全活動や環境整備活動など、住み良いまちづくりに努め、住民自治の確立に尽力した。

 団地の住民は約2割が外国籍であることから、各国の食べ物やスポーツを通したイベントを数多く実施。日頃の声掛けや生活のサポートなど、積極的にコミュニケーションを図ることで、自治会に対しての理解を深めてもらい、自治会運営に積極的に関わってもらえるよう活動している。遠藤会長は「普段から『いちょう団地に国境はない』と思って活動している。このような賞をいただけてとても光栄。周りの支えのおかげです」と喜びを語った。

 市担当者によると、市内での受賞者は記録を遡る限り残っていなかった。受賞報告をうけた大木市長は「長きに渡る地域貢献が評価されての受賞とのことで、表彰状の重さを感じる。大和市の歴史に大きな足跡が残ったのでは」と栄誉を讃えた。

<PR>

大和版のトップニュース最新6

IT技術で弱者支援し20年

鳥原信一さん(西鶴間)

IT技術で弱者支援し20年 社会

HPにルビ振る機能を開発

1月28日号

公共トイレ増に協力求む

大和市

公共トイレ増に協力求む 社会

市内コンビニが対象

1月28日号

県内で唯一入賞

赤羽深鳥(みどり)さん(緑野小2)

県内で唯一入賞 教育

自然科学観察コンクール

1月21日号

卓球の天皇杯に出場

大武篤史君(中学3年)

卓球の天皇杯に出場 スポーツ

1回戦は高校生と対戦

1月14日号

厚木基地に情報提供要望

大木市長

厚木基地に情報提供要望 社会

新型コロナ感染急拡大受け

1月14日号

2176人が新成人

1月10日成人式

2176人が新成人 社会

密を避け3部制で祝う

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook