大和版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

タウンレポート 知ってる?骨髄ドナー支援 今年度事業、2人が申請

社会

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
日本骨髄バンクのパンフレット
日本骨髄バンクのパンフレット

 水泳の若きエース・池江璃花子選手の白血病公表は大きな衝撃と共に、日本骨髄バンクにドナー登録の手続きなどに関する問合せが相次ぐなど、骨髄移植等の関心が高まっている。そこで本紙では、大和市が行っている骨髄バンクドナー支援制度について取材した。

 大和市では骨髄移植や末梢血幹細胞移植の推進を目的に、昨年4月から、骨髄移植ドナーバンク支援事業を開始している。

 支援は神奈川県が進めているもので、県内では大和市の他、横須賀市、鎌倉市など4市町が支援を実施している。

 助成は市民で、市税の滞納がない、同様の助成を受けていない、骨髄等の提供に伴う休暇制度のない事業所に勤務している人で、健診や貯血のための通院、骨髄等採取のための入院などが対象となる。

 助成額は通院・入院に要した日数1日につき2万円(上限7日間・14万円)、事業所に対しても同1万円(上限7万円)が支給される。

 申請は、骨髄等の提供完了日翌日から1年以内で、市健康福祉課によると2月15日時点で、これまでに個人2人が支援を受けている。

 問合せは市健康づくり推進課医療施策推進担当【電話】046・260・5661。

保福事務所ではドナー登録可

 骨髄ドナー登録は、厚木保健福祉事務所大和センター(中央1の5の26)でも可能。登録実施日は奇数月の第4月曜日で次回は3月25日(月)。予約制で、登録希望者は前週の金曜日の午前中までに電話または来所で予約。

 同センターでは、日時が限られていることや、横浜や藤沢などの献血ルームなどで即日登録可能なことなどもあり、ここ数年登録事例はないという。問合せ同センター保健予防課【電話】046・261・2948。

 また献血会場でもドナー登録が可能。ただし現場には、ドナー登録に関する専門スタッフが常駐していないため、登録の際は、事前に日本骨髄バンクのホームページなどで確認が必要。

※注・骨髄バンクのドナー登録は、年齢が18歳以上54歳以下、体重が男性45kg以上、女性40kg以上等の制約がある。詳細は日本骨髄バンク(【電話】03・5280・1789)

献血バス=神奈川赤十字血液センター提供
献血バス=神奈川赤十字血液センター提供

大和版のトップニュース最新6

プロリーグ参入ならず

大和シルフィード

プロリーグ参入ならず スポーツ

来年9月開幕

10月23日号

オンラインCで金賞

セシリア中高ギタマン

オンラインCで金賞 文化

全国18校中2位に

10月23日号

食べて応援、世界の料理

食べて応援、世界の料理 経済

16日からスタンプラリー

10月16日号

ツイッターを開設

大和警察署

ツイッターを開設 社会

直接、情報発信が可能に

10月16日号

川柳でコロナ予防をPR

大和JC

川柳でコロナ予防をPR 社会

10月30日まで募集

10月9日号

緑野ホーネッツが初優勝

ミニバス大和市・座間市大会

緑野ホーネッツが初優勝 スポーツ

コロナ禍の自主練、実を結ぶ

10月9日号

大和市立病院、職員を募集中

市民のみなさまに信頼される職員を目指して、一緒に頑張りましょう!

https://www.yamatocity-mh.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク