大和版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

県政報告 県議3期目をスタート 公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 4月7日の神奈川県議会議員選挙で当選をさせていただき、3期目のスタートを切らせていただきました。3期目も「結果」にこだわり、全力で働いてまいります。

 きょうから新元号「令和」となります。

 「令和」には、「一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる」ようにとの願いが込められているとのことです。私自身もそうした思いでこの2期8年、県議として活動してきました。

 その取り組みの一つが、視覚と聴覚の両方に障がいのある盲ろう者の方々への支援です。

盲ろう者支援センターが開設へ

 公明党県議団の取り組みで、県は2019年度予算に「盲ろう者支援センター(仮称)」の設置を盛り込みました。センターでは、盲ろう者の方々を対象とする相談、盲ろう者通訳・介助員の研修の充実を行う計画です。

 センターの設置は、公明党県議団の連携プレーで推進してきました。

 昨年3月の予算委員会で、まず私が黒岩祐治知事に、専門の相談窓口の設置を迫りました。知事は「今後、盲ろう者専用の支援窓口が少しでも早く設置できるよう、体制を整備していく」と答弁。

 知事はその後、6月の本会議で西村恭仁子県議の質問に、総合的な支援拠点「盲ろう者支援センター(仮称)」の設置に向け、まずは専用相談窓口を開設すると答弁。そして9月の本議会で、鈴木秀志県議の質問に対し、盲ろう者支援センターを「2019年度の、できるだけ早い時期に開設したい」と明言しました。

 そして今年3月には、公明党県議団で「神奈川盲ろう者ゆりの会」の皆さんとともに首藤健治副知事に会い、支援センターの詳細について要望を行いました。

 これからも「一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる」社会を目指して、全力を尽くしてまいります。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の意見広告・議会報告最新6

立腰(りつよう)と子育て「腰を立てた生活」を考えてみませんか?

「多選自粛」決議の意義

意見広告

「多選自粛」決議の意義

大和市議会議員 小田 博士

4月12日号

大和と綾瀬が歩調を合わせる時ではないか

意見広告

大和と綾瀬が歩調を合わせる時ではないか

笠間 信一郎

4月12日号

政治に女性の力を!

活動報告

政治に女性の力を!

国民民主党・総支部長 太 栄志

4月5日号

人生いつだって真剣勝負

人生いつだって真剣勝負

地域×仕事×健康

3月29日号

信念を貫き議会を改革する

市政報告

信念を貫き議会を改革する

大和市議会議員 あかみね 太一(明るいみらい大和)

3月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

木のおもちゃで遊ぼう

木のおもちゃで遊ぼう

25日まで グリーンアップセンター

7月20日~8月25日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク