大和版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

振り込め詐欺 被害件数が大幅減 コンビニとの連携奏功か

社会

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

 今年に入り、市内の振り込め詐欺被害が大幅に減少している。大和警察署(千葉証署長)によると、4月末現在、詐欺発生件数は11件で前年同期比マイナス30件。被害金額も約1200万円で前年同期比3800万円減となっている。

 市内の振り込め詐欺被害は、2017年から毎年100件以上(17年132件、18年117件)報告されている。大和市では、昨年の10月に録音機能付き電話機の購入に補助をつけるなど、対策を強化。また、架空請求の犯行の多くがコンビニを利用していることから、大和警察署は今年の4月に、管内のコンビニ約140店舗に「確認していただきたいこと」としたチラシを配布した。

 チラシには、電子マネーを購入する人などに向けて、「はがきやメールが来ていないか」、「電子マネーを購入して番号を知らせるように指示されていないか」などの確認事項を明記、不審に思ったらすぐに声をかけられるようにすることで、防犯意識の向上と詐欺被害の防止を目的としている。

詐欺防止で感謝状贈呈

 実際に、市内ではコンビニの店員の協力で被害が未然に防止されている事案もある。

 セブンイレブン大和いちょう団地店(郭長偉オーナー)で事件が発生したのは4月17日。高齢の女性が、電話を繋いだまま来店し、30万円分のプリペイド式電子マネーを購入しようとした。レジ担当者から報告を受けた郭さんは、女性に「自分で使いますか、他の人に渡しますか」と声をかけた。「未納料金を知らせるメールが届き、書いてある番号に電話をした」という女性。話を整理していくうちに表情が変わり、購入を踏みとどまった。

 店舗周辺は高齢者が多く、以前同店から詐欺の被害が出ていたことから、店舗では報告や声掛けでの対策を強化していた。

 大和警察署は15日、架空請求による詐欺被害を未然に防いだとして同店に感謝状を贈っている。

感謝状を持つ郭オーナー
感謝状を持つ郭オーナー

大和版のトップニュース最新6

待機児童数 6年連続ゼロ

大和市

待機児童数 6年連続ゼロ 社会

保育所の整備を推進

5月7日号

「三密」避けて「三越(さんこし)」で

大和市社協

「三密」避けて「三越(さんこし)」で 社会

見守り訪問継続に一工夫

5月7日号

11月6・7日に延期

神奈川大和阿波おどり

11月6・7日に延期 文化

ぞめきは中止に

4月30日号

世界に発信、健康都市

世界に発信、健康都市 社会

シリウスの取組を紹介

4月30日号

専用封筒で発送スタート

ワクチン接種券

専用封筒で発送スタート 社会

接種予約は5月6日から

4月23日号

コンテストで全国1位

中央林間在住吉川さん

コンテストで全国1位 社会

応募総数564点の中から

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter