大和版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

日本陸上選手権 狙うは自己ベスト マスターズ100m 鈴木さん

スポーツ

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
スポーツセンターで走りこむ鈴木さん
スポーツセンターで走りこむ鈴木さん

 南林間在住の鈴木久夫さん(62、=関連に人物風土記)が27日に福岡県・博多の森競技場で開幕した「第103回日本陸上選手権大会」のマスターズ種目に出場する。鈴木さんが出場する男子100m・55〜69歳クラスのレースは30日(日)。

 マスターズ陸上は同年代の人々と競技する大会で、5歳刻みでクラスが分かれている。日本陸上選手権でマスターズ種目が行われるのは初めて。今回はオープン競技で、男女別100mと1500mの2種目を、40歳から69歳まで5歳刻みの各クラス代表が40〜54歳(M40・M45・M50)と55〜69歳(M55・M60・M65)の2クラスに分かれ争う。

 もともとM60・400mで日本記録を持つなど比較的長い距離が得意な鈴木さんは、昨年9月に出場した全日本マスターズで、M60・100mで2位に入り、日本選手権の出場権を獲得した。

 日本選手権では年齢の若いM50、M55クラスの選手たちと一緒に走らなければならないため、「勝負にはならないかな」と少し弱気。それでも出場が決まってからスタートダッシュをはじめとするスピードに重点を置いて練習を積んできており、今年5月の記録会では、60歳以上のクラスに上がってからの自己ベストを更新(12秒68)するなど、確実にスピードがついてきた。「速い人たちについていって、自己ベストを更新できれば」と意気込みを語った。

トップアスリートの走りを間近で体感

 なお日本陸上選手権は、9月の世界陸上の代表選考を兼ねており、男子100mは、今年9秒97の日本新記録を出したサニブラウン・アブデル・ハキーム選手と日本人で初めて9秒台を出した桐生祥秀の「9秒台」対決が注目を集めている。鈴木さんは、スタンドから2人の対決を観戦するのはもちろん、出場選手しか立ち入れないウォームアップ場で「トップアスリートたちが試合前にどんな調整方法をしているのか参考にしたい」と目を輝かせた。

 男子100m決勝は本日28日(金)。

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のトップニュース最新6

接種スピード加速

会場、医師確保で態勢強化

接種スピード加速 社会

6月11日号

支援ハンドブックを作成

こもりびと

支援ハンドブックを作成 社会

いちはやく相談窓口へ

6月11日号

動画で呼びかけ虫歯予防

大和綾瀬歯科医師会

動画で呼びかけ虫歯予防 社会

「親子で歯磨きに役立てて」

6月4日号

プレミアム商品券発行へ

プレミアム商品券発行へ 政治

秋頃めどに調整中

6月4日号

名門復活に支援求む

大和南高校女子バレー

名門復活に支援求む スポーツ

県まなびや基金を活用

5月28日号

ワクチン予約をサポート

公所自治会

ワクチン予約をサポート コミュニティ社会

明日29日から自治会館で

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter