大和版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

大和市公立4園で7月1日から 園で処分 使用済みおむつ

社会

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
若葉保育園(鶴間)
若葉保育園(鶴間)

 大和市は7月から、市内の公立保育園4園(若葉保育園、緑野保育園、草柳保育園、福田保育園)で保護者が使用済み紙おむつを持ち帰らず、園で廃棄する取り組みを開始した。

週4日回収で対応持ち帰り負担解消

 取り組みは、保護者の負担を軽減し、保育環境を整えるため。同様の取り組みは県内で既に厚木市、横須賀市、川崎市などで実施されている。また、市内の認可保育所などでは過半数が紙おむつを自園で処分している。

 公立保育園のごみ収集は、これまで火曜日と金曜日の週2回だったが、7月から新たに市役所や小・中学校などのごみを収集している業者に委託。月曜日と木曜日の収集を加えることで、数日間保育園で使用済みのおむつを保管する必要がなくなり、園での廃棄が可能になった。

 今回の回収増で、園や保護者が処分費用を負担することはない。また、使用済みおむつを児童の鞄に間違えないように仕分けしていた保育士の負担軽減も期待できる。

 実際に、今回の取り組みをうけ、市立若葉保育園(吉田真弓園長・園児数128人)では、保護者から負担軽減による喜びの声が多くあがっているという。

 市ほいく課によると、1人の児童が1日に使用する紙おむつの目安は3〜6枚ほど。保護者からは「排泄物を含んだおむつは重く、毎日持ち帰るのは負担」、「公共交通機関で帰るときににおいが気になる」、「使用済みのおむつを持っていると、買い物に寄る際に抵抗がある」などの声があったという。

 持ち帰りが求められていた背景には、ごみの処分費用や、収集日が来るまで使用済みおむつを保管しておくためのスペースの問題などがあった。

大和版のトップニュース最新6

投開票所などが一部変更

衆院選

投開票所などが一部変更 政治

ワクチン接種などに配慮

10月22日号

1部残留に望み

大和シルフィード

1部残留に望み スポーツ

2部2位と入替戦

10月22日号

5000人来場

中央林間運ちょこ祭り

5000人来場 文化

クラファンで実現

10月15日号

三浦瑞樹(みずき)投手が育成4位

大和中央クラブ出身

三浦瑞樹(みずき)投手が育成4位 スポーツ

プロ野球ドラフト会議

10月15日号

跳躍競技で好成績

Jr陸上CC

跳躍競技で好成績 スポーツ

松岡晶佑君・志村凛子さん

10月8日号

当選者決まる

プレミアム商品券

当選者決まる 経済

販売は10月18日(月)から

10月8日号

太ひでし事務所

大和市大和東3-7-11大和東共同ビル101号

https://futori.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook