大和版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

大和市 中高年のひきこもり支援 10月から 専用ダイヤルも

社会

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena

 大和市は10月1日から、大人のひきこもり専門の相談窓口「こもりびと支援窓口」を設置する。支援窓口では専任職員が専用ダイヤルなどで相談に応じるとともに、必要に応じて家庭への個別訪問も行っていく。

 内閣府は今年3月、満40歳〜64歳のひきこもりの人が全国推計61万3000人いると公表し、「中高年のひきこもり」が社会問題として認識された。また、80歳代の親が、50歳代のひきこもり状態の子どもを支え社会的に孤立する「8050問題」も、今年5月に川崎で発生した殺傷事件などを機にクローズアップされた。

 大和市ではこれまで、生活に困っている人は生活困窮者支援担当が、精神疾患の疑いがある場合は保健所などがそれぞれひきこもりの相談に応じていたため、相談先が分かりづらいという課題があった。そこで10月から、相談しやすい環境を整えるため、大人のひきこもり専門の「こもりびと支援窓口」を設置する。対象は仕事や学校に行かずに約6カ月以上自宅にひきこもる、またその傾向のある人と家族。親が介護状態になって初めて状況を把握するケースもあり、市内に何人の当事者がいるかは不明だという。

 窓口は市保健福祉センター5階に設置され、専用ダイヤルも設けられる。窓口では「こもりびとコーディネーター」として専任の職員が対応し、必要に応じて同行や家庭への訪問も行っていく。

「こもりびと」と呼称

 市では今後、ひきこもり状態の人を「こもりびと」と呼称。市健康福祉総務課によると「ひきこもり」よりも温かみのある呼称として大木哲市長が発案、決定したという。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

認知症相談の「灯台」に

大和市

認知症相談の「灯台」に 社会

窓口開設、専用電話も

1月24日号

シリウス1000万人達成

累計来館者数

シリウス1000万人達成 文化

「世界的に注目集める施設」

1月24日号

「まるで空襲受けたよう」

阪神大震災から25年

「まるで空襲受けたよう」 社会

当時救援隊に参加、永島署長

1月17日号

「視(み)える化」で環境問題にメス

「視(み)える化」で環境問題にメス 社会

大和発、ゴミ削減の切札

1月17日号

チアで全国初出場

大和南高

チアで全国初出場 スポーツ

4年前から挑戦

1月10日号

令和に輝く2301人

令和に輝く2301人 社会

13日、スポセンで成人式

1月10日号

希少・小児がん治療に光

希少・小児がん治療に光 社会

国内初、製薬協に要望書

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

28日は「だるま市」

28日は「だるま市」

下鶴間不動尊

1月28日~1月28日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク