大和版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

大和市 中高年のひきこもり支援 10月から 専用ダイヤルも

社会

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena

 大和市は10月1日から、大人のひきこもり専門の相談窓口「こもりびと支援窓口」を設置する。支援窓口では専任職員が専用ダイヤルなどで相談に応じるとともに、必要に応じて家庭への個別訪問も行っていく。

 内閣府は今年3月、満40歳〜64歳のひきこもりの人が全国推計61万3000人いると公表し、「中高年のひきこもり」が社会問題として認識された。また、80歳代の親が、50歳代のひきこもり状態の子どもを支え社会的に孤立する「8050問題」も、今年5月に川崎で発生した殺傷事件などを機にクローズアップされた。

 大和市ではこれまで、生活に困っている人は生活困窮者支援担当が、精神疾患の疑いがある場合は保健所などがそれぞれひきこもりの相談に応じていたため、相談先が分かりづらいという課題があった。そこで10月から、相談しやすい環境を整えるため、大人のひきこもり専門の「こもりびと支援窓口」を設置する。対象は仕事や学校に行かずに約6カ月以上自宅にひきこもる、またその傾向のある人と家族。親が介護状態になって初めて状況を把握するケースもあり、市内に何人の当事者がいるかは不明だという。

 窓口は市保健福祉センター5階に設置され、専用ダイヤルも設けられる。窓口では「こもりびとコーディネーター」として専任の職員が対応し、必要に応じて同行や家庭への訪問も行っていく。

「こもりびと」と呼称

 市では今後、ひきこもり状態の人を「こもりびと」と呼称。市健康福祉総務課によると「ひきこもり」よりも温かみのある呼称として大木哲市長が発案、決定したという。

大和版のトップニュース最新6

今年も市民対象に販売

東京2020五輪チケット

今年も市民対象に販売 社会

申込み締切は4月23日(金)

4月9日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

部長職に新任6人

大和市

部長職に新任6人 社会

4月1日付人事を発令

4月2日号

こどもの城がオープン

公私連携型施設

こどもの城がオープン 教育

子育て支援の拠点に

4月2日号

レンドルフが戴冠

レンドルフが戴冠 経済

行ってみたいお店大賞

3月26日号

救命の感謝、市民に還元

市内在住戸澤 章さん

救命の感謝、市民に還元 社会

 救急車購入費約3900万円を寄付

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク