大和版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

大和L(リトル)S(シニア)出身 オリックスに佐藤一磨君 ドラフト育成1位指名

スポーツ

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
佐藤一磨/藤沢市弥勒寺出身。大道小、村岡中を経て横浜隼人高校
佐藤一磨/藤沢市弥勒寺出身。大道小、村岡中を経て横浜隼人高校

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議で、大和リトルシニア出身の佐藤一磨(かずま)投手(横浜隼人高3)がオリックス・バファローズに育成1位で指名された。佐藤投手は「まずは、選ばれてほっとしました」と安堵の笑みを浮かべた。

 188cmの高身長と体の柔らかさを生かしたピッチングが特徴で「回転数や角度の違うボールが投げられることが強み」と話す。

 幼少期はサッカー少年だったという佐藤投手。小学校1年生の時に父の大磨(だいま)さんに勧められて、地元の藤沢少年野球クラブに入団。野球に熱中するようになったきっかけは、2年生の時に見た上級生のプレーだった。「とても上手くて、自分にとってヒーローのような憧れの選手がいた。彼のようになりたくて打ち込んでいたら野球一筋になっていた」と振り返る。

 大和リトルシニアでは中学時代の3年間プレーした。

絶対的エース

 瀬川博之監督によると佐藤投手は、のびのびプレーや自分で考え、行動できる環境などをチーム方針に掲げるチームの中で絶対的なエースだったという。「素直で、学校の成績もトップクラス。周りもよく見え、優しい後輩思いで、欠点を探すのが難しい選手でした」と当時を振り返る。「細身だったので、体力がつけば必ずプロに行くと思っていた」と当時からその素質を見込んでいたという。プロ入り後の活躍については「ケガに気を付けて、一日も早く支配下登録を目指し、オリックスのエースになってほしい」とエールを送った。大和リトルシニアには現在、同じオリックスでプレーし、横浜隼人高の先輩でもある宗佑麿選手(23)も所属していた。

 高校は強豪の横浜隼人に進学。本格的にプロを目指すようになったのは今春にスカウトが来たことだった。水谷哲也監督の指導のもと、春に約140Kmだった球速は、夏には最速148Kmを記録。半年間で急成長をみせた。

 今後の目標について佐藤投手は「支配下登録になって一軍で投げられるようになりたい」と意気込み、「生まれたときからお世話になっている地元の皆さんへの恩返しは活躍している姿を見せること。そんな姿を早く見せられるように努めます」と力強く語った。
 

瀬川監督(右)もお祝いに駆け付けた
瀬川監督(右)もお祝いに駆け付けた

大和版のトップニュース最新6

シリウスで実証実験

やまと国際オペラ協会

シリウスで実証実験 文化

来年3月の公演に向け

11月20日号

ホーム連勝で有終の美

大和シルフィード

ホーム連勝で有終の美 スポーツ

2部2年目で初の勝ち越し

11月20日号

終電繰り上げを発表

小田急東急

終電繰り上げを発表 社会

来春のダイヤ改正で

11月13日号

1団体と3人が受賞

大和市文化芸術賞

1団体と3人が受賞 文化

受賞者のみで表彰式

11月13日号

民間施設に初「赤ちゃんの駅」

民間施設に初「赤ちゃんの駅」 社会

横浜トヨペット他グループ3社

11月6日号

かるた、間もなく完成

市子連

かるた、間もなく完成 教育

5年ぶりリニューアル

10月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク