大和版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

かながわSDGsパートナー 市内の7社・団体が登録 セミナーが機運醸成 

経済

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県がSDGsを普及促進するための取り組みを支援する「かながわSDGsパートナー」の第3期登録(126社・団体)が発表され、大和市から7社・団体が認定を受けた。

 SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略称で、2030年に向けた持続可能な開発目標のこと。国際社会全体でより良い世界を創るための17のゴールと169のターゲットで構成されており、2015年に国連に加盟する193カ国の全会一致で採択されている。

 神奈川県では2019年度から、SDGs推進の裾野を広げることを目的に「かながわSDGsパートナー」を募集。活動を審査の上、パートナーとして登録している。登録を受けると、県による取り組み事例の対外的な広報や企業、自治体、大学とのマッチング支援などを得られるなどのメリットがある。第1期、2期で137社・団体が登録を受けていたが、市内では極東開発工業株式会社(深見西/本社・兵庫県西宮市)だけだった。

 市内では今年に入り、商工会議所が県のSDGs推進課担当職員を招き、パートナー登録のメリット等を紹介するセミナーを開催。約30社が参加するなど、取り組みに対する機運が高まっていた。

 今回登録された7社・団体は以下の通り(順不同・カッコ内は所在地)株式会社アールティ・コラボ(桜森)、イースタン技研株式会社(福田)、Ethical Hair(大和南)、神奈川ツルマフーズ株式会社(下鶴間)、共同カイテック株式会社(柳橋/本社・東京都渋谷区)、株式会社ケイ・システム(下鶴間)、一般社団法人大和青年会議所(大和東)。

 Web上でゴミの減量やリサイクル率などを管理できるシステムを開発している(株)ケイ・システムの小島啓義社長は、今回の登録を受け「今後も、社員全員のアイデアと行動とSDGs活動で地域のつながり・活力を維持していこうと思っています」と語った。

大和版のトップニュース最新6

オンラインで代替企画

大和市民まつり

オンラインで代替企画 経済

6月26日から1カ月間

6月18日号

金言に触れ、思い馳せる

大和中

金言に触れ、思い馳せる 社会

ノーベル賞・故根岸英一さん

6月18日号

接種スピード加速

会場、医師確保で態勢強化

接種スピード加速 社会

6月11日号

支援ハンドブックを作成

こもりびと

支援ハンドブックを作成 社会

いちはやく相談窓口へ

6月11日号

動画で呼びかけ虫歯予防

大和綾瀬歯科医師会

動画で呼びかけ虫歯予防 社会

「親子で歯磨きに役立てて」

6月4日号

プレミアム商品券発行へ

プレミアム商品券発行へ 政治

秋頃めどに調整中

6月4日号

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter