大和版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

新型コロナ、五輪延期も影響 女子W杯、日本招致を断念 大和SCもキャンプ候補地に

スポーツ

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
大和スポーツセンター競技場
大和スポーツセンター競技場

 (公財)日本サッカー協会(JFA)は6月22日、開催国として立候補していた2023年女子ワールドカップ(W杯)招致から撤退することを決定した。招致提案書の中のベースキャンプ地の一つには、大和スポーツセンター競技場(大和なでしこスタジアム)も名を連ねていた。

      =24日起稿

 招致活動からの撤退について、JFA会長でFIFA女子W杯2023招致委員会委員長の田嶋幸三氏は、10日に国際サッカー連盟(FIFA)が公表した評価報告書で、日本が同じアジア・オセアニア地域のオーストラリア・ニュージーランド(共同開催)に次ぐ評価だったことや新型コロナウイルスの影響で東京五輪が1年延期となり、男子と違い年齢制限のない女子世界一を決める大会の五輪(21年)とW杯(23年)が短期間に同じ国で開催されることに対する抵抗感が強まっていることなどを総合的に判断し、招致活動からの撤退を決定したという。

 23年W杯招致は、13年12月のJFA理事会で決議。昨年12月に開催提案書をFIFAに提出していた。

 大和スポーツセンター競技場は、神奈川県サッカー協会から候補地として打診があり、全国で42、県内では唯一のベースキャンプの候補地として、昨年提出の招致提案書に名を連ねていた。ただキャンプ地選考には「芝生のピッチが1面以上ある」「スタンドが90席以上ある」などの条件があり、大和スポーツセンター競技場は「500ルクス以上の明るさの照明設備」の要件を満たしていない。大和市では、改修費用には5000万円以上かかるとし、2週間程の大会のためだけにそれだけの費用はかけられないとしており、仮に日本招致が決まっていても、キャンプ地に選ばれるのは難しい状況だった。

 23年W杯の開催地は、25日に決定。

大和版のローカルニュース最新6

笑顔溢れる445点

笑顔溢れる445点 文化

やまと国際アートフェスタ

9月24日号

店主の中村さん本を出版

南林間 イーサン食堂

店主の中村さん本を出版 社会

9月24日号

坂口由里香選手が初優勝

ビーチバレー

坂口由里香選手が初優勝 スポーツ

ガラナ・アンタルチカ杯

9月24日号

名付け親は一体…

「大和」誕生から間もなく130年

名付け親は一体… 社会

― 内海忠勝・中山毎吉・山口寛一 ―

9月24日号

ヴェルディのオペラの魅力

ヴェルディのオペラの魅力 文化

10月29日 ペア3組招待

9月24日号

タオル200枚を寄付

大和童謡の会

タオル200枚を寄付 社会

サンホーム鶴間に

9月24日号

相鉄線「さがみ野駅」徒歩10分

墓石撤去不要墓を新設。樹木葬墓、動物墓も。

http://www.ji-n.net/search/jiin_detail.cgi?id=366

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook