大和版 掲載号:2020年8月14日号 エリアトップへ

湘南梨が最盛期 「かながわブランド」初の夏

経済

掲載号:2020年8月14日号

  • LINE
  • hatena
ブランド登録のため、色や形、大きさに厳しい統一基準を設けた湘南梨
ブランド登録のため、色や形、大きさに厳しい統一基準を設けた湘南梨

 大和市、海老名市、綾瀬市、寒川町で栽培される「湘南梨」が、収穫のピークを迎えた。戦後から続く湘南梨はこの夏、かながわブランドに登録され、若手を中心にブランド化が進んでいる=中面に関連記事。

 湘南梨の最大の特徴は、甘みと酸味が揃うまで樹上で管理し、完熟状態で収穫すること。

 生産者は3市1町の24人に限定される顔の見える果物で、今年7月29日には県内産品の優位性を担保する「かながわブランド」(県ほか)に登録され、ブランド梨として初めての夏を迎えた。

 戦後、大和市や海老名市で生産が始まり、1959年に湘南梨組合連合会が発足。同年から毎年欠かさず品評会を開くなど生産技術を高めてきたが、コロナ禍の今年は初めて品評会が中止となった。

 湘南梨の栽培面積は約10ヘクタールで、生産量は219トン(19年度)。早生から晩生まで生産者によって様々で、少量多品種を7月から9月まで直売する農家もある。

 市内渋谷で吉川果樹園を営む吉川勝久さん(55)は、連合会の会長を務める。連合会では、ブランド力を上げるため、大手青果物店に選りすぐりの湘南梨を供給、直売の魅力などをブログで発信している。

 湘南梨の相場は1キロ700円前後。農園直売やJA直売所などで販売されている。

 (問)JAさがみ営農経済センター(大和【電話】046・263・5501)※土日祝休。

大和版のトップニュース最新6

足跡辿り、交流に思い馳せ

足跡辿り、交流に思い馳せ 社会

大和日中友好協会が30周年

12月3日号

常泉寺に感謝状

神奈川県警

常泉寺に感謝状 社会

犯罪被害者支援に対して

12月3日号

最優秀拡大褒賞を初受賞

大和青年会議所

最優秀拡大褒賞を初受賞 社会

会員数増員率が県内1位

12月3日号

政府対策に「迅速対応」

大和市

政府対策に「迅速対応」 経済

年内給付「想定して準備」

11月26日号

打ち上げ花火に初挑戦

緑野小PTA

打ち上げ花火に初挑戦 教育

児童に笑顔と思い出を

11月26日号

渋谷西ブロック始動

地域安全活動重点地区

渋谷西ブロック始動 コミュニティ社会

防犯・防火意識を地域で徹底

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook