大和版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

ミニバス大和市・座間市大会 緑野ホーネッツが初優勝 コロナ禍の自主練、実を結ぶ

スポーツ

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
初優勝に喜ぶ選手たち
初優勝に喜ぶ選手たち

 大和市と座間市の小学生を対象にしたミニバスケットボール「2020年度大和市・座間市大会」で、市内北部の「緑野ホーネッツ」(荒良木崇コーチ)の男子チームが初優勝を飾った。

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、通常より1カ月遅れで開催。感染防止対策として、観客席の間隔を空け、試合後にはベンチの消毒を徹底するなど、関係者で話し合いを重ねて開催に至った。

 大会はトーナメント戦方式で、大和市、座間市内から8チームが出場。緑野ホーネッツは、緑野小、中央林間小、北大和小の3校を中心に集まった5、6年生16人で構成。9月27日に桜丘小で行われた決勝戦では、強豪の桜丘ミニスターズを、強固なディフェンスから速攻に結び付けるプレーで57対36で破り、初優勝を手にした。

 荒良木コーチは「相手は力のあるチームで難しい試合だったが、よく頑張ってくれた。一時は大会開催も危ぶまれたが、この1年間をかけてきた5、6年生にとっては今しかない。そんな子どもたちのために、大会運営に関わって下さった、関係者の皆さんに深く感謝します」と話した。

リモートで練習方法を共有

 コロナ禍でチーム練習ができないなか、「チームとして何かできることはないか」と荒良木コーチが考えついたのが、LINEによる自主練動画の共有と、ZOOMを使ったオンラインミーティング。

 5、6月の2カ月間、チームのグループLINEで週1回、各自が個人練習を撮影した動画をアップ。練習方法は自由で、それぞれが自ら考えたものをアップし、荒良木コーチがアドバイスを送った。

 週末には、ZOOMでメンバー全員が顔を合わせてミーティングを実施。「YouTubeに上がっているこの選手の練習法が参考になる」「テニスボールを使ってこんな練習ができる」など、個人の練習方法の工夫を共有し合った。

 荒良木コーチは、「自主練動画の共有を通じて、子どもたちは自ら考え、試行錯誤しながら練習に取り組んでくれた。バスケに関わらず、今後、自ら考えて動ける人になるための経験になったのでは」と意義を語った。キャプテンの舘野優輝(まさき)君(小6)は「友達から新しいプレーや練習法を覚えて試合に活かすことができた」、副キャプテンの松崎楓眞(ふうま)君(小6)は「練習動画は何をあげるかいつも考えていた。仲間の動画から刺激をもらった」と効果を実感していた。

LINEで練習の動画を共有
LINEで練習の動画を共有
ZOOMを使ったオンラインミーティング
ZOOMを使ったオンラインミーティング

大和版のトップニュース最新6

ベイジュニアに選出

福田小大沢琉偉(るい)君

ベイジュニアに選出 スポーツ

二刀流で目指す「優勝」

10月30日号

かるた、間もなく完成

市子連

かるた、間もなく完成 教育

5年ぶりリニューアル

10月30日号

プロリーグ参入ならず

大和シルフィード

プロリーグ参入ならず スポーツ

来年9月開幕

10月23日号

オンラインCで金賞

セシリア中高ギタマン

オンラインCで金賞 文化

全国18校中2位に

10月23日号

食べて応援、世界の料理

食べて応援、世界の料理 経済

16日からスタンプラリー

10月16日号

ツイッターを開設

大和警察署

ツイッターを開設 社会

直接、情報発信が可能に

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク