大和版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

開創400年で初 信法寺で檀信徒が結婚式

社会

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
記念写真に収まる新郎・和裕さんと新婦・元子さん(前列中央)、大谷住職(後列中央)
記念写真に収まる新郎・和裕さんと新婦・元子さん(前列中央)、大谷住職(後列中央)

 市内上和田の信法寺(大谷慈通住職)で4日、吉田和裕さんと早川元子さんの結婚式が催された。大谷住職によると開創から約400年が経つ同寺で、檀信徒の結婚式が催されるのは初めてだという。

 新郎の吉田和裕さんは「結婚式を行うなら仏前で」という想いがあり、都内で探していたが、コロナの影響もあり、挙式ができる寺は見つからなかった。そこで、元子さんが親戚である信法寺の大谷住職に相談したところ、快諾され、仏前結婚式が決まった。

 式は大きな本堂を開放し、密にならないようレイアウトを工夫。一方で、赤い毛氈(もうせん)や金屏風、赤いろうそく、花など慶事用の設えに施された。

 結婚式は、両家の家族、親戚ら30人強が列席。仏様と両家の先祖を招き(奉請)、花と香を捧げ(行華(あんげ)、焼香)、仏法僧に帰依し(三帰三竟)、数珠を受け取り、念仏を唱え、指輪の交換、誓漿交歓(三々九度)などが厳かに執り行われた。

 大和市出身の元子さんは、市内のつきみ野幼稚園に勤務していたこともあり、地元・大和にこだわり、ウェティングケーキは桜ヶ丘の「洋菓子の店ミハシ」でオーダー。最後の仕上げは、同寺で行った。また親族の衣装は南林間の「特選呉服こにし」に依頼した。

 式を終えて2人は「自分たちらしい結婚式ができた」と喜んだ。出席者からも「厳かで心に残った」「手作り感があってよかった」と好評だった。

 同寺では先月、結納の直後に100歳で大往生した元子さんの伯父の葬式が営まれたばかり。「結婚式を楽しみにしてくれていたので、見守ってくれたと思う」と元子さんはしみじみ語った。若くして父を亡くした和裕さんも「父には長男として心配をかけた。ご先祖様と一緒に集まってくれ、報告ができてよかった」とほほ笑んだ。

 大谷住職は「初めての結婚式でとても緊張したが、2人の門出を担うことができ、ほっとしている。人生のライフイベントはお寺で行われることが多いので、これを機に、大和市=お寺婚となれば嬉しい」と笑った。

ミハシでオーダーしたケーキに2人で入刀
ミハシでオーダーしたケーキに2人で入刀

大和版のローカルニュース最新6

防衛基盤の醸成に寄与

防衛基盤の醸成に寄与 社会

青木市議に感謝状

10月23日号

『半沢直樹』で剣道指導

『半沢直樹』で剣道指導 文化

南林間在住 土田真彦さん

10月23日号

読者プレゼント

読者プレゼント 文化

「秋の終わりのコンサート」

10月23日号

半年遅れの表彰式

半年遅れの表彰式 経済

「お店大賞」受賞店に盾

10月23日号

垂直・分散避難の判断も

地元音楽家がコンサート

コロナ禍の今こそ恩返し

地元音楽家がコンサート 文化

10月31日シリウスで

10月16日号

大和市立病院、職員を募集中

市民のみなさまに信頼される職員を目指して、一緒に頑張りましょう!

https://www.yamatocity-mh.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク