大和版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

「小児の在宅医療 担って」 医師らに解説書無料配布

社会

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena

 市内西鶴間で整体院を経営する高木伸幸さんが実行委員長を務める「小児脳幹部グリオーマ(DIPG)」シンポジウム開催実行委員会が、小児在宅医不足解消の一助になれば、と『医療的ケア児・者在宅医療マニュアル』を、医師や看護師、医学生の希望者に無料で配布する。

 DIPGは、脳幹に悪性腫瘍が発生する難治性の小児がん。発症から1年以内の死亡率が約50%とも言われ、小児がんの中でも最も死亡率が高い。高木さんも2013年に、当時11歳の愛娘をDIGPで亡くしている。同会は、高木さんら患者家族が、専門家や関係機関と、小児脳腫瘍治療研究や末期療養の環境改善などの諸課題を共有し、意見交換を行なうシンポジウムの運営を目的に立ち上げた。

C(クラウド)F(ファンディング)活用300冊用意

 今回のマニュアル無料配布は、シンポジウムで課題にあがった「小児在宅医不足」解決が目的。同会では「大人を診てきた在宅医なら、小児のマニュアルがあれば可能ではないか」との専門家の意見を受け、様々なアイデアを検討していた。

 そんな中、昨年10月に発行された『医療的ケア児・者在宅医療マニュアル』=写真=(南山堂/医療法人財団はるたか会・前田浩利医師ら共著/B6判・217頁/税込3520円)が、具体的な医療的実践をまとめた小児在宅医療の解説書であることから、全国の医師・看護師・医学生を対象に、この解説書を無料配布することを思い立った。資金は、過去にクラウドファンディングで募ったものを活用。無料配布されるのは300冊。

 高木さんは「現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、病院での面会制限もあり、住み慣れた家で、療養できる在宅環境は、医療が必要な子どもたちにとって、どれだけ安心できるか。このマニュアルを使用する事で、一人でも多くの医療従事者に小児在宅医療を担っていただける事が私たちの願い」と思いを語った。

 同書希望の医療従事者は、「小児脳幹部グリオーマ(DIPG)」シンポジウム開催実行委員会のホームページ(https://dipg.jimdofree.com)の注文受付フォームから、または高木さん【携帯電話】090・3336・6741まで連絡のこと。応募多数の場合は抽選。

 なお同書は、書店ほか南山堂ホームページ、インターネットなどでも購入可能。
 

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

<PR>

大和版のトップニュース最新6

小学校で活動10年

鑑賞授業ボランティア

小学校で活動10年 教育

アートで対話力育む

6月24日号

13区は大和・綾瀬・瀬谷

衆院県内区割り

13区は大和・綾瀬・瀬谷 政治

太氏、甘利氏コメント

6月24日号

アルティメット日本代表に

大和市内中学生2人

アルティメット日本代表に スポーツ

「息の合うプレー 世界でも」

6月17日号

県高校総体で関東切符

大和南陸上部

県高校総体で関東切符 スポーツ

3人そろって自己新

6月17日号

あいさつし合える地域に

南林間女性有志

あいさつし合える地域に コミュニティ社会

2年越しに周年の集い

6月10日号

「歴史的一戦」で勝利

大和シルフィード

「歴史的一戦」で勝利 スポーツ

女子リーグ初の日産スタ

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook