大和版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

交通栄誉章 「緑十字銀賞」に大木さん 交通指導員大和支部が優良団体に

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
(前列左から)表彰状を手にする大和市交通指導員大和支部の石岡支部長、大木英広さん、妻・和代さん
(前列左から)表彰状を手にする大和市交通指導員大和支部の石岡支部長、大木英広さん、妻・和代さん

 交通安全活動に尽力した功労者に贈られる交通栄誉章の「緑十字銀賞」に市内の大木英広さん(57)=人物風土記で紹介=が、交通安全優良団体に大和市交通指導員大和支部(石岡嘉彦支部長)が選ばれた。

 交通栄誉章は、警察庁長官と全日本交通安全協会会長の連名による全国表彰。「緑十字銀賞」は県内で12人が選ばれ、市内では大木さんが唯一受章した。また、交通安全活動に尽力した団体に贈られる「交通安全優良団体」には県内で唯一、大和市交通指導員大和支部が選ばれた。

 例年であれば、1月に文京シビックホール(東京都)で開催される交通安全国民運動中央大会で表彰式が行われるが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止に。大和警察署で2月9日、伝達式が行われ、加藤秀雄署長と大和綾瀬交通安全協会の古郡保正会長から、表彰状と景品が手渡された。また、大木さんの妻・和代さんにも感謝状が贈られた。

 大木さんは、優良運転者として受章。バスドライバーとして長年、無事故無違反で安全運転を続けてきたことが評価された。大木さんは「大変光栄で嬉しい。日々、運転中にあった出来事を聞いてくれた妻にも支えられた」と喜びを語った。

 大和市交通指導員大和支部は、自治会による推薦で選ばれた指導員55人が所属。毎月1日と15日に通学路に立ち、子どもたちの誘導活動を行うほか、市民まつりや阿波踊りなどのイベント時には交通整理を行うなど、市内の交通安全活動に尽力してきた。石岡支部長は、「初めての全国表彰で光栄。活動日以外にも自主的に見守りを行う指導員もいたので嬉しい。今後も指導員として手本になる立ち振る舞いをしていきたい」と話した。
 

大和版のトップニュース最新6

運営存続のためCF(クラウドファンディング)活用

コロナ下に 過去最大予算

コロナ下に 過去最大予算 経済

市税は前年比17億円減収

2月26日号

「緑十字銀賞」に大木さん

交通栄誉章

「緑十字銀賞」に大木さん 社会

交通指導員大和支部が優良団体に

2月19日号

協力金で「子ども弁当」

協力金で「子ども弁当」 社会

南林間の「吉日食堂 徳」

2月19日号

接種は「練馬区モデル」で

コロナワクチン

接種は「練馬区モデル」で 社会

個別と集団の2体制構築

2月12日号

「小児の在宅医療 担って」

「小児の在宅医療 担って」 社会

医師らに解説書無料配布

2月12日号

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク