大和版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

アリーナつきみ野所属 本多選手が銀メダル 東京五輪 男子バタフライ200m

スポーツ

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
ゴールの瞬間、会場にいた多くの人が諸手を挙げ大きな拍手をテレビ画面に送った
ゴールの瞬間、会場にいた多くの人が諸手を挙げ大きな拍手をテレビ画面に送った

 東京五輪競泳男子200mバタフライ決勝が7月28日、都内にある東京アクアティクスセンターで行われ、市内つきみ野にある「アリーナつきみ野スポーツクラブ」に所属する本多灯(ともる)選手が初出場で銀メダルを獲得した。

 当日は同クラブ2階に応援スペースが設けられ、本多選手の両親をはじめ祖父母、クラブの先輩でリオデジャネイロオリンピック競泳日本代表の青木智美選手、クラブに通う選手クラスの児童や利用者ら50人以上がテレビで試合を見守った。

 試合序盤は画面に向かって声援や拍手が贈られていたが、本多選手が得意とする残り50mを切ったあたりから一気に熱を帯び応援コールや「いけー」「いけるぞー」といった声など応援にも力が入っていた。本多選手が2人を抜いて2位でゴールすると、割れんばかりの拍手や歓声と目に涙を浮かべる人の姿が多く見られた。

 父親の正光さんは「お疲れ様の一言。この経験を軸に、将来水泳同様、好きなことを仕事に、頑張ってほしい」と話し母親の聡子さんは「すごく嬉しいです。泣かないつもりだったのに」と笑った。また誰よりも早くガッツポーズを決めていた青木選手は「人のレースを見て号泣したのは初めて」と目を真っ赤にしてコメント。クラブの野口恒明支配人は「世界を驚かせてやれと思っていたので嬉しい限り」と目を潤ませていた。
 

喜びを分かち合う母親の聡子さん(写真左)と青木選手
喜びを分かち合う母親の聡子さん(写真左)と青木選手

大和版のトップニュース最新6

県都市緑化功労者を受賞

千本桜桜を守る会

県都市緑化功労者を受賞 社会

コロナ影響、表彰式は中止

9月24日号

SOMPOひまわり生命とタッグ

大和シルフィード

SOMPOひまわり生命とタッグ スポーツ

「健康」メインにパートナー契約

9月24日号

100歳以上は95人

もうすぐ敬老の日

100歳以上は95人 社会

市内最高齢は109歳の女性

9月17日号

在宅救急隊を始動

大和市消防本部

在宅救急隊を始動 社会

救急搬送待ちを回避

9月17日号

商議所で職域接種

新型コロナワクチン

商議所で職域接種 社会

3000人分を確保

9月10日号

西堀さん(光丘中1年)が日本一

西堀さん(光丘中1年)が日本一 教育

全日本Jrクラシック・ピアノ部門

9月10日号

相鉄線「さがみ野駅」徒歩10分

墓石撤去不要墓を新設。樹木葬墓、動物墓も。

http://www.ji-n.net/search/jiin_detail.cgi?id=366

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook