大和版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

「私とティアンとイーサン食堂」を文芸社から出版した 中村 健一さん 南林間在住 57歳

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena

緯度と経度と全てが重なる

 ○…「10人に2人、自分の人生と同じような経験をした人がいるかどうか」。本には大学卒業後のワーキングホリデーを過ごしたオーストラリアでの生活、帰国後に開店資金を作るために働いた勤務先での出来事など、南林間の老舗タイ料理屋のオーナーになるまでの歩みを赤裸々に綴る。読んだ人から「面白かった」の一言を聞きたいな、と照れた表情。

 ○…新聞で見た自分史のコンテストに応募。コロナ禍で店の営業も今まで通りとはいかず、時間もある。故郷の新潟で、かかりつけ医だった医師が書いた自費出版本を読んだ時の面白さは今でも忘れない。本が好きなのもある。惜しくもコンテストでの入選はなかったが「自分の本を1冊作りたかったし、本棚に自分の名前が書かれた背表紙が並ぶのって良いよね」と本の出版に至る。

 ○…新潟県の出身。高校卒業後は地元を離れ、外に出ることを決めていた。大学入学後はスキー三昧、歴史あるスキー部で結果を求められていたからだ。「別にスキーの推薦で入った大学ではないんですけどね。新潟出身なのと、高校もスキー部だったせいか、勧誘されるがままに」と苦笑。また一方、当時の学生のバイブル沢木耕太郎による紀行小説「深夜特急」に憧れ、バックパッカーでインドに最長3カ月滞在したことも。結果、大学を5年生で卒業。

 ○…家族は妻と息子。息子は現在、大和市を出て自立。オーストラリア時代に出会ったタイ出身の妻と店を切り盛りする日々も約30年。「色々なことが少しでもずれていたら全く違う方向に進んでた。緯度と経度と縦と横と時間と何もかもがピタッと重なりあって今がある」と妻との出会いをはじめ人生の偶然や面白さを独特の言葉で表現し、首を傾げて笑った。

大和版の人物風土記最新6

荻原 英人さん

第55代大和警察署長に着任した

荻原 英人さん

大和東在住 55歳

10月22日号

安保 弘豊さん

中央林間で10月9日、10日に開く「運ちょこ祭り」の発起人を務める

安保 弘豊さん

中央林間在住 49歳

10月1日号

中村 健一さん

「私とティアンとイーサン食堂」を文芸社から出版した

中村 健一さん

南林間在住 57歳

9月24日号

川満 美和子さん

大和市倫理法人会の新会長に就任した

川満 美和子さん

南林間在住 51歳

9月10日号

青木 浩一(ひろかず)さん

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した

青木 浩一(ひろかず)さん

海老名市在勤 56歳

9月3日号

安部 正彦さん

神奈川県行政書士会大和・綾瀬支部の支部長に就任した

安部 正彦さん

西鶴間在住 47歳

8月27日号

太ひでし事務所

大和市大和東3-7-11大和東共同ビル101号

https://futori.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook