大和版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

県政報告 リトルベビーハンドブック 公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena

低出生体重児のための母子手帳を作成へ

 出生体重が2500g未満の「低出生体重児」は、2019年に国内で生まれた約86万5千人のうち9・4%の約8万1千人にのぼります。

 低出生体重児の場合、母子健康手帳に記載の平均的な身長、体重に届かず、親が不安で落ち込んでしまうケースも少なくないと聴いています。

 複数の府県では、小さな赤ちゃんを産んだ親のための母子手帳作成などの取組を進めています。

本会議で代表質問

 そこで公明党県議団では9月の代表質問で「本県でも低出生体重児のための母子手帳『リトルベビーハンドブック』の発行を」と訴えました。

 これに対し、黒岩祐治知事は『リトルベビーハンドブック』の作成について「親や産科・小児科の医療従事者など関係者のネットワークづくりを進め、(母子健康手帳の配付などを担う)市町村の意見も伺い、検討を開始する」と答弁。「親や家族の不安を解消し、気持ちに寄り添う支援を進めていく」と述べました。

 神奈川県でも2019年に低体重で生まれた子どもの数は約6千人(出生数全体の約9・5%)にのぼり、県立こども医療センターに、新生児集中治療室を退院した子どもの親などへ情報発信する「早産児の育児応援サイト」を開設。県も2016年に市町村と連携し、母子健康手帳の電子版アプリ「母子モ」=写真=を導入しています。

 公明党県議団は今後も、子どもたちが健やかに成長できる社会を目指してまいります。

大和版の意見広告・議会報告最新6

運転免許の高齢講習、待機日数の短縮を!

県政報告

運転免許の高齢講習、待機日数の短縮を!

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

11月12日号

安全・安心な大和のために

9月議会一般質問 議会報告

安全・安心な大和のために

大和市議会議員 古木邦明

10月29日号

大和市の教育行政について

9月市議会定例会一般質問より 活動報告

大和市の教育行政について

大和市議会議員 小倉隆夫

10月22日号

リトルベビーハンドブック

県政報告

リトルベビーハンドブック

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

10月1日号

とことん、こつこつ5年半。徹底して「草の根」活動!

意見広告

とことん、こつこつ5年半。徹底して「草の根」活動!

立憲民主党 衆議院神奈川13区 総支部長 太(ふとり)ひでし

9月24日号

コロナ対策で予測モデル

県政報告

コロナ対策で予測モデル

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook