大和版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

RUN伴+やまと 動画で「つながり」再確認 「介護の日」から配信スタート

社会

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
動画の1シーン
動画の1シーン

 「認知症になっても安心して暮らせる街やまと」を目指し活動を続けている「RUN伴(ランとも)+やまと」が「介護の日」の11月11日、活動をPRする歌と踊りを収録した動画の配信をユーチューブでスタートした。

 動画制作は、コロナ禍で介護施設の利用や人との交流が制限される中、認知症の症状の進行を懸念する家族らのために「コロナ禍でもできること」を模索する中で生まれたアイデア。「RUN伴+やまと」の立ち上げから携わる野間康彰さんが実行委員長となり、昨年5月に中止になった市民まつりで披露する予定だった会のPRソングに振りを付けた。動画には、介護施設の職員や利用者らを中心に20施設・団体が参加。当初は10〜15分程にまとめる予定だったが、出来上がってみれば20分を超える大作に仕上がった。野間さんは「改めて人の繋がりの大切さを感じた」と動画制作の意義を語り、「今後は動画を見た人同士がつながり、新たな交流が生まれれば」と期待を寄せた。

 動画はユーチューブで「RUN伴+やまと」で検索またはhttps://youtu.be/tq1yIABVgQc

タスキつないで認証理解深める

 「RUN伴」は、認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベント。認知症への理解を深め、暮らしやすい地域づくりを提案することを目的に、2011年に北海道を皮切りに全国へと広がった。13年に大和市も参加。理念を大和市内で独自に広めるため16年から「RUN伴+やまと」として活動している。

大和版のトップニュース最新6

全国大会で上位占める

桜ヶ丘ジュニアアカデミー

全国大会で上位占める スポーツ

所属2選手がV・準V

8月19日号

玄関前をバリアフリー化

下福田北部自治会館

玄関前をバリアフリー化 社会

加入促進へ「満足度向上を」

8月19日号

「遺贈寄付」の意思を後押し

大和市

「遺贈寄付」の意思を後押し 社会

県司法書士会と協定締結

8月12日号

下鶴間に大規模工場

成城石井

下鶴間に大規模工場 経済

300人雇用 地元還元企画も

8月12日号

6年ぶり県制し、関東へ

つきみ野中女子ソフト

6年ぶり県制し、関東へ スポーツ

全国めざし8日に初戦

8月5日号

お笑いで防犯啓発

大和警察署

お笑いで防犯啓発 コミュニティ社会

芸人が被害者ゼロへ一役

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook