大和版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

鳥原信一さん(西鶴間) IT技術で弱者支援し20年 HPにルビ振る機能を開発

社会

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
漢字に振り仮名が送られたWEBサイト(写真は神奈川県のホームページ)
漢字に振り仮名が送られたWEBサイト(写真は神奈川県のホームページ)

 外国人や学習障がい者のためにホームページの漢字にルビを振るサービスを提供する西鶴間の障害者支援団体「アダプティブ・テクノロジー(以下、AT)」が、今年4月で設立20年を迎える。国内でも唯一無二のサービスを開発した鳥原信一さん(65)は「自分の技術を使って社会貢献を、との思いから」と創設当時を振り返った。

 鳥原さんは福島県南相馬市生まれで、生まれつきの全盲。中学・高校は福島市の視覚支援学校に通った。「卒業生の99%があんま・鍼灸師」という中、独学で勉強。一年浪人した後、獨協大学へ進学。さらには国立職業リハビリテーションセンターでプログラミングを学び、1982年に日本IBMに就職した。

 「AT」設立のきっかけはIBMに在籍しながら慶応大学の大学院に通っていた頃。知人や研究室の仲間の外国人や学習障がいを持つ子どもたちの中に、漢字が苦手な人でもルビを振ることで文字が読め、理解が深まることを知った。会社で人間が日常的に使っている言葉をコンピューターに処理させる技術の開発研究に携わっていた鳥原さんは「自分の技術が役にたてることがあるのでは」と2002年に「AT」を立ち上げた。

 利用希望者は「AT」のホームページから登録するだけ。Webサイトの閲覧のみは無料で、自らのサイトにルビ振りサービスなどを組み込む場合は有料となる。ルビ振りを組み込んだサイトはページ上の「ふりがな」のボタンを押すだけでルビが振られる。組み込みサービスは神奈川県や大和市社会福祉協議会など現在、全国約90の自治体や公共団体が同社のサービスを利用。参議院議員で重度の身体障がいを持つ木村英子氏も利用している。

 「AT」では毎日大手の新聞をコンピューターで検索、ルビを振るため新しい用語を追加。ルビ振りの他、文字の拡大・配色変更、音声読み上げなどのサービスも行っている。

 利用希望者はインターネットから「アダプティブテクノロジー」で検索または【電話】046・264・9321まで問合せ。

鳥原さん(右)と事務局の谷口宣雄さん
鳥原さん(右)と事務局の谷口宣雄さん

<PR>

大和版のトップニュース最新6

奉仕と平和を目指し60年

大和RC

奉仕と平和を目指し60年 社会

市民活動推進者に助成金

5月20日号

見えた2強の背中

大和高女子サッカー部

見えた2強の背中 スポーツ

県総合体育大会で3位

5月20日号

読書で文科大臣表彰

下福田中

読書で文科大臣表彰 教育

学校一体の取組が評価

5月13日号

補助金でSDGs啓発

大和YEG

補助金でSDGs啓発 社会

講演や動画で気運醸成

5月13日号

今年もオンライン配信

大和市民まつり

今年もオンライン配信 文化

「少しでも本物の臨場感を」

5月6日号

太極拳の会場に

ねんりんピックかながわ2022

太極拳の会場に スポーツ

県代表に地元チーム出場

5月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook