神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2023年12月8日 エリアトップへ

原ミシン商会 家族で紡ぎ、50年目へ 新たに「フォト刺しゅう」も

経済

公開:2023年12月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
メディアの取材に応じた当時の祥元さん(左)と原代表=2006年撮影
メディアの取材に応じた当時の祥元さん(左)と原代表=2006年撮影

 中央林間でミシンの販売・修理を専門に行う「原ミシン商会」(原三惠子代表)が12月1日、創業50年目を迎えた。

 同店は1974年に原代表の夫・原祥元さんが創業した。当初は工業用ミシンの販売・修理を展開。特殊ミシンを改造し、スカーフやハンカチ周りの「千鳥縫い」を取引先に納品するのが主だったという。

 87年に店舗拡大とともに家庭用・職業用ミシンの販売・修理の専門店として事業の幅を広げ、講習会や洋裁教室なども展開している。06年にはメディアの取材に応じ、当日は「店内が人でいっぱいになるほど賑わった」と原代表は懐かしむ。

 今年の 4月からは新たなミシンの価値を提供しようと「フォト刺しゅう」のサービスを開始した。お気に入りの写真が絵画風に刺しゅうされるもので、作品に温かみが出るのが特長だ。スタッフの広原恵子さんは「記念やプレゼントに選ばれることが多い」と話す。

 節目の年を迎え、原代表は「今後もミシンの専門店として地域の皆様の期待にお応えできたら」と笑顔で話していた。

フォト刺しゅうを製作
フォト刺しゅうを製作

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

60周年記念動画を公開

60周年記念動画を公開

「市民に安心を届けたい」

2月23日

工事現場に彩りを

おもてなし料理を講習

おもてなし料理を講習

シリウスで3月8日

2月23日

山口県岩国市と災害時協定結ぶ

チアの本場で堂々の演技

向上高校

チアの本場で堂々の演技

真間部長(福田)「皆に感謝」

2月23日

言葉知り居場所得た

言葉知り居場所得た

アセクシャル公表 東(ひがし)友美(ともみ)さん

2月23日

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

樹木葬と家族葬「ゆかりえ」 ~グリーフケア~感謝で送る家族葬

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook