神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2023年12月8日 エリアトップへ

原ミシン商会 家族で紡ぎ、50年目へ 新たに「フォト刺しゅう」も

経済

公開:2023年12月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
メディアの取材に応じた当時の祥元さん(左)と原代表=2006年撮影
メディアの取材に応じた当時の祥元さん(左)と原代表=2006年撮影

 中央林間でミシンの販売・修理を専門に行う「原ミシン商会」(原三惠子代表)が12月1日、創業50年目を迎えた。

 同店は1974年に原代表の夫・原祥元さんが創業した。当初は工業用ミシンの販売・修理を展開。特殊ミシンを改造し、スカーフやハンカチ周りの「千鳥縫い」を取引先に納品するのが主だったという。

 87年に店舗拡大とともに家庭用・職業用ミシンの販売・修理の専門店として事業の幅を広げ、講習会や洋裁教室なども展開している。06年にはメディアの取材に応じ、当日は「店内が人でいっぱいになるほど賑わった」と原代表は懐かしむ。

 今年の 4月からは新たなミシンの価値を提供しようと「フォト刺しゅう」のサービスを開始した。お気に入りの写真が絵画風に刺しゅうされるもので、作品に温かみが出るのが特長だ。スタッフの広原恵子さんは「記念やプレゼントに選ばれることが多い」と話す。

 節目の年を迎え、原代表は「今後もミシンの専門店として地域の皆様の期待にお応えできたら」と笑顔で話していた。

フォト刺しゅうを製作
フォト刺しゅうを製作

大和版のローカルニュース最新6

石川県珠洲市で復興支援に協力

石川県珠洲市で復興支援に協力

大和リバティLC

6月22日

地域福祉の活動に表彰

地域福祉の活動に表彰

三河日出子さん

6月21日

協会賞に大久保宣正さん

第24回公募「大和展」

協会賞に大久保宣正さん

展示は6月23日まで

6月21日

大和勢5校が聖地めざす

高校野球

大和勢5校が聖地めざす

7月7日から熱戦

6月21日

備えて非常用トイレ

自宅便座に簡単設置

備えて非常用トイレ

マンション逆流トラブルも

6月21日

SDGsは「社会変革」

SDGsは「社会変革」

笑下村塾代表 たかまつななさん

6月21日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook