神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

大和市 不妊治療の支援拡充へ 4月から先進医療に助成

政治

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

 大和市は妊娠・出産・子育ての切れ目のない支援の一環で、4月1日から保険診療と併用した先進医療にかかる不妊治療の費用の助成を新たに開始する。2024年度の一般会計当初予算に1375万円が計上された。

 市では、少子化対策として2010年度から「タイミング法」や「薬物療法」などの一般の不妊治療にかかる費用の助成を開始した。12年度からは「体外受精」や「顕微授精」などの特定不妊治療にかかる費用も助成の対象とし、1回の治療について5万円を上限に助成を行ってきた。

 一方、22年度に国がこれらの治療の公的保険適用を開始したことに伴い、全額自己負担だった治療費が3割負担に。これを受け、市は一般不妊治療・特定不妊治療の助成を23年度で終了する。

 これに替わって始まるのが、「SEET法」、「タイムラプス」などの厚生労働省が定める高度な医療技術を用いた先進医療にかかる費用の助成だ。先進医療分としてかかる費用の7割、5万円を上限に助成する。39歳以下は6回、40歳以上は3回まで、1子ごとに助成する。

 市では、すでに先進医療費の助成を実施している海老名市の実績と人口比率から24年度は275件を受け付ける。事業費1375万円は県からの補助と市費で折半する。

 対象は、保険診療と併用した先進医療を受けた夫婦(事実婚を含む)で、初回治療時の女性の年齢が42歳以下であること、24年4月以降に終了した治療であることなどが主な条件となる。

 先進医療費の助成は、23年度までに海老名市や横須賀市、愛川町など県内3市3町で実施されている。市すくすく子育て課によると、24年度からは「新たに10市町以上で始まる」という。

 同課の担当者は「経済的負担の軽減が助成の趣旨。広く活用していただきたい」と話している。

 問い合わせは同課【電話】046・260・5609へ。

大和版のトップニュース最新6

成年後見の窓口を新設

大和市社協

成年後見の窓口を新設

月2回、専門家も対応

4月19日

助成申請は226件

自転車用ヘルメット

助成申請は226件

努力義務化から1年

4月19日

全国俳句大会で最高位

下鶴間在住佐藤直哉さん

全国俳句大会で最高位

3万句超、2人の選者から

4月12日

部活動の地域移行を推進

大和市

部活動の地域移行を推進

日体大と連携協定

4月12日

吉村選手が得点王

大和高女子サッカー部

吉村選手が得点王

全国選抜大会で10ゴール

4月5日

「包括支援係」を新設

複合的な福祉課題に対応

「包括支援係」を新設

4月5日

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

綾瀬で初公演

ロジェ・ワーグナー合唱団 好評発売中

綾瀬で初公演 大和市文化

心に響くゴスペルなど

4月28日~4月28日

大和版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook