神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年6月7日 エリアトップへ

自治会加入率 10年続けて減少 4月時点で56.8%

社会

公開:2024年6月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
10年続けて減少

 自治会の加入率低下が慢性的な課題とされる中、大和市では加入率が10年続けて減少していることが分かった。大和市自治会連絡協議会(大山優会長)では、「地域の高齢化が大きな要因となっている」と分析している。

 自治会は地域住民らによって運営され、地域の広報や防犯、美化活動のほか住民の声を行政に届けるなど、公共的な役割を担う。自治会役員は、各行事や会議への参加が求められ、昨今の加入率の低下に伴い、役員の担い手不足などが課題となっている。

 自治連によると、市内には現在160の自治会があり、過去10年で大きな増減は見られない。一方で加入率は2015年4月1日時点が68・8%なのに対し、24年同時期は56・8%。大山会長は加入率低下の理由を「若者世代の減少と地域住民の高齢化」と分析し、「あと10年経てば、50%を下回る恐れもある」と危機感をつのらせる。

 同会によると自治会の加入率低下による人手不足で、回覧板などでの情報伝達や災害時の連携、地域の見守り活動などが困難になるという。大山会長は「いざという時に地域内の連携は必要不可欠。自治会だけでなく、地域の問題として捉えるべき」と指摘する。

 こうした中、地道な取り組みで加入率を上げている事例も市内にある。

 大山会長が所属する「千本桜自治会」では、地域住民と一丸で引地川沿いの桜の景観を守るために清掃活動をしているほか、転入世帯のもとへ直接訪問し、地図や写真を用いて地域の魅力を発信。「まずは、自分が住む場所に愛着を持ってもらいたい」と大山会長。「さまざまな活動の参加可否に関わらず、ぜひ自治会へ」と根気よく呼びかけ、加入しやすい環境作りに努めてきた。

 こうした取り組みから、同会の加入率は昨年時点で76・2%と市の平均を上回り、過去5年間で新築を建て転入した10世帯のうち9世帯が自治会に加入している。

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202311/58966.html

<PR>

大和版のトップニュース最新6

生涯学習で新たな試み

大和市

生涯学習で新たな試み

「マナ☆スタ」7月開講

7月12日

「大和の夏」まであと2日

「大和の夏」まであと2日

ポスターの“人”に聞く

7月12日

「東西の壁」一部撤去

大和ゆとりの森

「東西の壁」一部撤去

綾瀬との境界ゆるやかに

7月5日

強豪を退け全国へ

大和スピリタス

強豪を退け全国へ

全日本軟式野球大会で

7月5日

高齢者の搬送が増加

熱中症

高齢者の搬送が増加

早めの給水など対策を

6月28日

背水の連勝 全国掴む

大和南高校女子バレー部

背水の連勝 全国掴む

強行日程こなし3年ぶり

6月28日

新しいお墓のカタチ

永代供養墓「博愛の絆」税込19万円~ 問い合わせは0120-70-2504

http://www.saint-sophia.com/ayase/

蓮の花の下で眠る 樹木葬型永代供養付ファミリー

「ファミリー」税込33万円~ 問い合わせは0120-70-2504

http://www.saint-sophia.com/ayase/

3カ月連続 出張!あつぎ寄席

7、8、9月と連続で開催。 笑いの芸能・落語を楽しむ午後のひとときを!

https://atsugi-bunka.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook