海老名版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

家庭系可燃ゴミ 戸別収集 地域特性違っても有効? 東柏ヶ谷地区で実証事業 6月から

社会

 海老名市は6月から、東柏ヶ谷2丁目地区の約1400世帯を対象に、ゴミ減量化の実証事業として家庭から出される可燃ゴミの収集を、現行の集積所方式から戸別収集方式に変更する。昨年4月からモデル地区に指定され戸別収集が導入されている国分寺台地区と異なる街区環境での有効性を検証する。期間は1年。

 新たに実証事業のモデル地区となる東柏ヶ谷2丁目地区は近年、共同住宅が増え、国分寺台地区に比べ単身世帯が多く暮らしている。外国人の居住率も高く、住宅街の道路は行止まりや狭路、一方通行などが多い。

 このような街区環境でも収集車が各戸を回る戸別収集方式が有効であるかを探るのが今回の目的となる。

国分寺台では8%の削減効果

 市担当課によると戸別収集が導入されている国分寺台地区のゴミ排出量は前年比で約8%(11トン)削減された。戸別収集では個人宅の前にゴミを捨てるため、各々が自分のゴミに責任を持つようになり、分別が徹底されたことなどが減量につながったと分析している。

背景に炉の老朽化

 海老名市から排出される可燃ごみは本郷の高座清掃施設組合に搬入され焼却処理されている。しかし炉が老朽化しているため、数年のうちに建て替え時期を迎える。そのため、処理量の減量が急務となっている。

 ここ数年、同施設における事業系ゴミの焼却処理量は度減少しているものの、家庭系ゴミの処理量は横ばいの状態が続いている。「下げ止まり」の打開策として市は戸別収集の有効性を検証している。問合せは市資源対策課【電話】046・235・4922まで。
 

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク