海老名版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

海老名JCTランプウェイ 2車線化で「渋滞ゼロ」に 交通量増加も「影響なし」

社会

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
運用開始後(写真はNEXCO中日本提供)
運用開始後(写真はNEXCO中日本提供)

 中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)はこのほど、海老名ジャンクション(JCT)で頻繁に発生している渋滞が解消したと発表した。これは、渋滞対策のため、10月末より外回り方面のランプウェイ(道路同士の接続部分)を、暫定的に2車線化したことの効果によるという。

 1日に約2万3千台の交通量がある海老名JCT周辺。東名高速と圏央道の合流部では、一時的に1車線になる「ボトルネック化」が原因で平日の通勤時間帯などに渋滞が発生していた。

 こうしたストレスを緩和するために2車線運用を開始したところ、対策前は10日間のうち8回発生していた渋滞が起こらなくなったうえ、対策前は、1回あたり20分だった平均渋滞時間が0分になったという。

 同社によると、対策後は大型商業施設「ららぽーと海老名」への買い物客や、10月末に圏央道が埼玉県内で全線開通し、関越道や東北道と接続した影響などから、このランプウェイの交通量は1日あたり3千台ほど増加しているという。それでも「渋滞ゼロ」のまま継続しており、同社・厚木工事事務所では「年末年始は更に交通量が増えると予測されるが、渋滞が発生したとしても、長さや時間は例年より短くなるのでは」と話している。

 2車線運用の期間は、新東名高速道路の海老名南JCT―伊勢原JCTが開通する2018年度までを予定しており、その後の運用については「状況を見ながら対応する」としている。

運用開始前
運用開始前

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

巡回展で3市めぐる

聖火トーチ

巡回展で3市めぐる 文化

海老名市では6月29日に聖火リレー

4月16日号

非接触型カフェ開店

レンブラントホテル海老名

非接触型カフェ開店 経済

入店から退店まで接客なし

4月16日号

分担金変更案を否決

高座清掃施設組合議会

分担金変更案を否決 社会

ごみ減量実績めぐり白熱

4月9日号

成人フェス開催へ

成人フェス開催へ 社会

座間RCなど地域団体で盛り上げ

4月9日号

10年ぶり全国制覇

5世代の車両一堂に

ロマンスカーミュージアム

5世代の車両一堂に 経済

国内最大級の沿線ジオラマも

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter