海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

国分南在住桜林さん 「乳がんの悩み共有したい」 市内初の患者会を企画

社会

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
3児の母で、現在闘病中の桜林さん
3児の母で、現在闘病中の桜林さん

 市内国分南在住の桜林芙美さん(37)が7月10日(火)、乳がん患者同士で集まるイベントを市内で初めて実施する。桜林さん自身、もっとも進行度が高いステージIV(4)の乳がん患者。「同じ悩みがある人と、気軽におしゃべりできる場にしたい」と参加を呼び掛けている。

 乳がんは40代後半に多く見られ、女性のがんでもっとも多く、年間約5万人が罹患している病気。

 桜林さんは3年前の冬、左胸のしこりに違和感を覚え受診。「若年性乳がん」と診断された。発覚の翌年に左胸全摘出、放射線治療を受けた矢先に、肺に転移が見つかった。現在はステージIVの乳がん患者として、治療を続けながら3人の子どもの育児や仕事に励んでいる。

本音言える場を

 その支えとなっているのが、同じ病院で闘病していた仲間と会って話すこと。家族に心配かけまいとして言えない本音を吐露する場所でもある。しかし、それぞれ遠方に住んでいるため頻繁には会えない。そこで「地元である海老名でも、私と同じように話す場を欲している人がいるのでは」と思い、今回のイベント「おしゃべり会」を企画した。日常生活や身体のケアに関することから、ウィッグや下着の話など、当事者ならではの話をテーマに談話する形式だ。桜林さんは「無理に話をしなくても、同じ境遇の人がいるというだけで支えになる。情報共有や発信の場として、定期的に続けていきたい」と話している。

 対象は乳がん患者やその家族、女性特有のがん患者。場所は海老名市文化会館の和室で、午前10時から午後1時。参加費無料。出入り自由だが、できれば事前連絡を(男性は要連絡)。問合せ・申込みは桜林さん【メール】mili.mana.ribbon@gmail.comへ。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

人口比率19市トップ

綾瀬市外国籍市民

人口比率19市トップ 社会

「スリランカ」が急増

4月3日号

新年度に大規模改修へ

有馬図書館門沢橋コミセン

新年度に大規模改修へ 社会

来年5月にリニューアル

3月27日号

栄和産業に栄誉

経産省

栄和産業に栄誉 経済

ダイバーシティ経営を評価

3月27日号

古塩氏が出馬表明

綾瀬市長選

古塩氏が出馬表明 政治

市民文化センター再編に意欲

3月20日号

22年度以降も20歳対象

座間市成人式

22年度以降も20歳対象 社会

成人年齢引き下げ後も

3月20日号

頑張る飲食店を紹介

頑張る飲食店を紹介 社会

季刊情報誌が特設ページ

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク