海老名版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

海老名むかしばなし 第26話「ずいずいずっころばし」

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

 年配の方は、この歌を歌って指遊びをした経験をお持ちと思う。

 この歌の解釈は、

「お茶つぼ様のお通りだというので、沿道で遊んでいた子供たちは、茶つぼに追われてあわてふためき、家や物置に逃げ込んで戸をぴしゃりと閉めた。一行が通り過ぎてしまったら遊ぼうよ。この騒ぎに俵からこっそり米を失敬していたネズミまで驚いてチュウと鳴いた。父や母に呼ばれてもじっとして行くな。井戸の後ろにかくれていてお茶わんを割ったの誰だ」というのだそうです。

 ではお茶つぼ道中とはどんなものだったか。それを知ることによって、「やっかいもののお茶つが早く行ってしまってほしい」という子供たちの切なる願いが理解できる。

 江戸時代、宮中や将軍家では年間飲用する茶を専用のつぼで京都宇治から取り寄せていた。

 すでに室町時代からの風習で秀吉や家康も行っていたが、茶坊主や役人どもが次第に大げさにし、寛永九年(一六三二)家光のころから、三個のつぼで運ぶようになり、しかも道中の運搬、警護役は水戸、紀伊、尾張の徳川御三家だけの特権であった。

 ただのお茶を大名でも護衛するかのような行列に沿道の人々はずいぶん迷惑をしたことであろう。

 参考資料/海老名むかしばなし

海老名版のコラム最新6

海老名むかしばなし

海老名むかしばなし

第27話 まぼろしの梵鐘【1】

6月14日号

真打噺家・林家たけ平のちょいと一服

海老名の生き物がかり㉜

海老名の生き物がかり㉜

ヒルザキツキモソウ

6月7日号

真打噺家・林家たけ平のちょいと一服

子育てママコラム

子育てママコラム

第3回は 海老名総合病院 

5月24日号

生き物がかり㉛

生き物がかり㉛

キツネアザミ

5月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「宗家 立花流」が発表会

日本舞踊

「宗家 立花流」が発表会

6月30日、海老名市文化会館で

6月30日~6月30日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク