海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

歴史資料収蔵館 高札を特別公開 150〜300年前の時代を見る

教育

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
古きを味わえる「高札」(写真は市提供)
古きを味わえる「高札」(写真は市提供)

 法令などを墨書きした板札”高札”の展示が、きょう8月23日(金)から25日(日)まで歴史資料収蔵館(河原口2の27の3)で行われる。明治維新の年に出された「五榜の掲示」をはじめとした高札など7点が並び、昔の海老名域の様子を垣間見ることができる。市教育委員会では「日頃は公開していないので、貴重な機会となります。ぜひご覧になっていただければ」と話している。

 高札は法令・禁制などが記載されたほか、「御上」の権威づけの役割などもあり、特に江戸時代で全盛をきわめたとされている。明治6年からは長文の法令を記すことができない事から廃止され、印刷技術が進み、高札から紙へと周知方法が変わっていった。

 海老名の歴史では「新編相模国風土記稿」に高札場の数の記載があり、150年ほど前の現海老名域には31カ所の設置があったという。中でも渡船場や街道筋が多かった河原口村と上今泉村には4カ所と一番多かった。

 今回の展示会では、中新田村と国分村の江戸時代から明治時代初期の高札7点を特別公開。慶応4年の五箇条の御誓文により天皇を中心とした新しい政治の基本方針を明らかにした翌日、民衆に対して決まり事を定めた「五榜の掲示」が展示される。また、市が収蔵する最も古いものでは享保6(1721)年の徳川吉宗時代に鷹場制度を復活させた際の御留場(一般人の狩猟厳禁他)が設定された”鷹場札”なども公開される。

 展示会は9月20日(金)から22日(日)にも実施。問合せは市教育総務課【電話】046・235・4925へ。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

子育ての悩み共有の場に

えびなエールの会

子育ての悩み共有の場に 教育

親同士の生の声、情報交換

2月28日号

フリーアドレス試行へ

綾瀬市

フリーアドレス試行へ 社会

働き方改革で民間と連携

2月28日号

海老名3チームが関東へ

小学生ドッジボール

海老名3チームが関東へ スポーツ

県大会を席巻

2月21日号

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク