海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

座間市介護事業 双方向で“フレイル”予防 3年で300人、じわり

社会

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
測定イベントのようす    =座間市提供
測定イベントのようす    =座間市提供

 座間市では、要介護状態につながる「フレイル」を防ぐ健康づくりを活発化させる目的で「フレイルチェック」を定期的に開催している。これまでに延べ300人が参加。イベントを支えるサポーターの養成にも注力している。

 「フレイル」とは、加齢に伴って、筋力や認知機能、社会とのつながりなどの心身の活力が低下した状態のことで、「虚弱」を意味する英語「frailty」を語源につくられた言葉。多くの人がこのフレイルの段階を経て、要介護状態に陥ると言われているため、各地でフレイルを予防するための様々な健康づくりが取り組まれている。

 座間市では2017年にフレイル予防の事業をスタート。おおむね2カ月ごとに開催する健康チェックイベント「フレイルチェック」には3年で延べ300人が参加している。参加者は自分の健康状態を把握して計画的に講座に参加し、市が養成する「サポーター」はイベントの進行役や測定サポート・記録係を担う仕組み。参加者とサポーターがそれぞれ主体的に参加することで双方向から介護予防にアプローチしている。

 現在サポーターとして活動しているのは、40代から80代。座間市介護保険課によると「男性のサポーターが少ない。元営業職の男性がイベントの進行役として活躍するなどそれぞれに合った役割が必ずあるので、ぜひ気軽に参加してほしい」と話している。次回のチェックイベントは3月19日(木)・30日(月)に実施。(問)同市介護保険課【電話】046・252・7084

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

古塩氏が無投票再選

綾瀬市長選

古塩氏が無投票再選 政治

「コロナ後の行政」当面の課題に

7月10日号

プレミアム商品券を発行へ

海老名市

プレミアム商品券を発行へ 社会

総額14億円、43%上乗せ

7月3日号

「座間全体をひまわり畑に」

「座間全体をひまわり畑に」 社会

まつり中止、有志が企画

7月3日号

幻の「雷電」一般公開

座間市

幻の「雷電」一般公開 社会

日台高座友の会がケース寄贈

6月26日号

オーディション実施へ

綾瀬市民オペラ

オーディション実施へ 文化

21年の本公演に向けて

6月26日号

旬の野菜、準備万端

旬の野菜、準備万端 経済

座間市の農家、結束新たに

6月19日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

7月8日に全館再開!

ウイルス「ゼロ」ミッションで再稼働

https://ayase-bunka.com/

あやせ名産品のご案内

神奈川県綾瀬市の名産品店6店舗を紹介しています

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000031400/hpg000031386.htm

座間市立市民交流プラザ

7/25ジャズライブ、8/12~古城都の美と健康プログラム

https://zama-p.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク