神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

危機迫るラファへ食糧支援 海老名のNPOが現地病院に

社会

公開:2024年2月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
現地スタッフから食糧を受け取る患者=地球のステージスタッフ撮影・提供
現地スタッフから食糧を受け取る患者=地球のステージスタッフ撮影・提供

 海老名市を拠点に活動するNPO法人・地球のステージ(桑山紀彦代表)が7日、イスラエルとイスラム組織ハマスの紛争が続くパレスチナ自治区ガザのラファに支援金を送金し、食糧支援を実施した。今後も継続する。

 同NPOは、心療内科医の桑山紀彦さん(61)が2002年に設立した国際協力団体で、これまでに東ティモールやウガンダ、ミャンマー、パレスチナなどで長期的な保健医療や心のケア、教育支援を展開。国内でも東日本大震災や熊本地震の災害復興を支援し、公演活動にも取り組んでいる。

 2009年にはイスラエルによる空爆が続くガザ地区のラファに入り医療支援や心のケアを展開。こうした活動を背景に、危機が迫るラファへの支援を計画したが、状況の悪化で現地入りを断念。支援金を現地スタッフに送金し、医療機関に食糧を調達する支援に切り替えた。

 今年1月末に現地スタッフに支援金を送金。ラファにあるエル・ナジャール病院にいる患者65人の1カ月分にあたる米と小麦粉、砂糖、豆や肉の缶詰などを同病院に届けた。

 支援先のラファは、パレスチナ自治区の最南端でエジプトと国境を接し、パレスチナ人の避難者100万人以上がたどり着いた袋小路の場所で、今まさにイスラエル軍による空と陸からの総攻撃にさらされている(2月14日現在)。

 桑山代表は「水や電気食料などライフラインが止まっている、最悪の状況で食糧支援ができた。現地の人たちが日本には支援してくれる人がいることを知ってもらい、少しでも心の支えになってくれれば」と、現地に思いを寄せる。

 同NPOでは、今年3月末までにさらに複数回にわたる食糧や医療品の支援を計画している。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

おもてなし準備着々

綾瀬市

おもてなし準備着々

「バラのまち」周知に向け

4月19日

23年ぶり座間に

大相撲夏巡業

23年ぶり座間に

スカイアリーナ30年記念で

4月19日

ボウリングで関東制覇

海老名市松田さん

ボウリングで関東制覇

最高スコアも記録

4月12日

インクルーシブで連携

海老名市神奈川県

インクルーシブで連携

協定締結、協議本格化へ

4月12日

リユース店とタッグ

座間市

リユース店とタッグ

資源物の持ち去り対策で

4月5日

調理施設が開館

海老名市食の創造館別館

調理施設が開館

中学校給食開始に向け

4月5日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

綾瀬で初公演

ロジェ・ワーグナー合唱団 好評発売中

綾瀬で初公演

心に響くゴスペルなど

4月28日~4月28日

海老名・座間・綾瀬版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook