座間版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

座間神社 雛人形1千体 「お出迎え」 七十七段階段に初展示

文化

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena
階段に敷き詰められたひな人形=座間神社提供
階段に敷き詰められたひな人形=座間神社提供

 座間神社で3月2日(木)から4日(土)まで、ひな祭りに合わせた初のアート展「雛まつり花公望 杜につどうアート2017」が行われる。期間中は七十七段階段に一千体のひな人形が並べられ、境内には約120人の作家によるアートや生け花が展示される。

 お焚き上げを行っている同神社には毎年、多くのひな人形が納められているという。住宅事情や時代の変化に伴い、近年は昔ながらの段飾りを飾ることが難しくなっていることもあり、同神社は10年ほど前から日本の伝統文化を発信する場を模索していた。

 そこで参考にしたのが、千葉県勝浦市の「かつうらビッグひな祭り」。同神社の山本修子さんは「これまで3月に展示はしていたが、一堂に飾ってみたら面白いと思った」と振り返る。七十七段階段に並ぶひな人形は一千体。夜にはライトアップもされる。

生け花やアートも

 ひな人形の他にも、期間中は同神社境内のすいめいギャラリー社などで、市内外の約120人の作家によるアート作品や生け花が展示される。

 版画や絵画、陶芸、ガラス細工、パッチワークと作品は様々。春を意識したあらゆるジャンルの芸術が、同神社を包むという。山本さんは「生け花と現代アートの融合をぜひご覧ください」と話す。

 時間は午前10時から午後8時(最終日は5時まで)。雨天時、ひな人形は神楽殿で展示。3日午後1時からは、初代江戸屋猫八の孫・江戸屋まねき猫さんらによる寄席が行われる。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク