座間版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

河本慶子さん 自宅を「プチ美術館」に 和ガラス700点展示

文化

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
自宅の玄関近くに飾られている和ガラス
自宅の玄関近くに飾られている和ガラス

 市内在住の河本慶子さん(68)は、和ガラス集めを約30年続けている収集家。近隣の骨董市へ毎月足を運び、数多くある商品の中から掘り出し物を探している。自宅にはこれまで集めた和ガラス約700点を展示。江戸時代末期から昭和にかけての珍しい品が多数並ぶ。

 兵庫県神戸市出身の河本さん。子どもの頃に南蛮美術館へ通い、そこで見た古いガラス作品に心打たれた。

 「明治のガラスは透明で、大正時代になると華やか。眺めていると心が和むんです」――。30年前から海老名市や大和市など近隣の骨董市へ足を運び、少しずつ掘り出し物を収集してきた。「パッと見て気に入った、お小遣いで買える範囲のものを買う」。10年前から自宅に飾るようになり、玄関からリビングまでおよそ700点ものお気に入りの品が並ぶ。

目利きは「宝探し」

 収集歴30年で培った「眼力」は、「失敗してもいいから自分のお金で買ってみる」というチャレンジ精神のたまもの。「骨董市へ行くのに1回ランチを我慢するくらい。カフェに行くような感覚です」と語るように、その多くが数百円から数千円の廉価な掘り出し物だ。

 「これ、いくらだと思いますか」と手にしたのは、名工が手がけたという幾何学模様が描かれた小さなショットグラス。発見したのは骨董市で、たったの百円で売られていたという。「宝探しのようで面白い。ガラスを通して、時代背景を想像するんです。見極めにはロマンが必要かも」とにこやかに語った。

 希望者には自宅で収集品を公開している。問合せは河本さん【携帯電話】090・9204・1377。

座間版のトップニュース最新6

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

皮膚温材料にサギ待った

皮膚温材料にサギ待った 社会

市内銀行にカメラ試験設置

1月17日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

相談支援事業を強化

座間市

相談支援事業を強化 社会

研修行い、全職員に啓蒙

1月10日号

1,412人が門出

1,412人が門出 社会

1月13日 成人式

1月10日号

選ばれるまち座間に

選ばれるまち座間に 政治

新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク