厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

厚木市出身加藤久美子さん 夢実現の軌跡 書籍化へ 出版大賞で優秀賞

文化

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena
優秀賞を受賞し、作品の書籍化が決まった加藤久美子さん(左)と、応募のきっかけとなった本を持つ著者の森義晴さん=2月2日、市内七沢の福元館前で撮影
優秀賞を受賞し、作品の書籍化が決まった加藤久美子さん(左)と、応募のきっかけとなった本を持つ著者の森義晴さん=2月2日、市内七沢の福元館前で撮影

 第7回クリエイティブメディア出版 出版大賞で優秀賞を受賞した、厚木市出身で米国フロリダ州在住の加藤久美子さん(39)。応募作品『☆夢マラソン☆フロリダ往復☆地球の裏より二十五年の挑戦は続く』の書籍化が、2月1日に決定した。出版は加藤さんの誕生日にあたる、10月18日を予定している。

 同大賞には678作品の応募があり、昨年12月18日に62作品が受賞した。加藤さんはノンフィクション部門に応募し、優秀賞3作品のうちの1つに選ばれた。

 作品は加藤さんが14歳で「日本脱出」を決意してから、夢を実現するまでの軌跡を記したもの。加藤さんはアルバイトで資金を貯めて、伊志田高校時代に2週間のホームステイプログラムでロサンゼルス郊外を訪問。その後、「日本脱出」を実現し、21歳で米国のウォルト・ディズニーワールドへ就職。国際結婚を経て現在は2児の母として子育てをしている。

 人生をマラソンに例え、14歳から子育てを経験するまでを「往路」、その後、母校の東名中学校で職業講話をする夢に向けて再挑戦する日々を「復路」と位置付けて作品を展開した。

”厚木愛”がつなげた縁

 米国で暮らす子ども2人の日本語留学のため、4年前から準備を続けてきた加藤さん。生まれ故郷に関係する書籍をインターネットで調べていたところ、第5回出版大賞で最優秀部門賞を受賞した、森義晴さんの本『厚木の風景 再発見』に出会った。この本で同大賞の存在を知り、昨年7月下旬に応募を決めたという。

 加藤さんにとっては初めての執筆活動。「フロリダ 久美」のペンネームで、およそ1カ月をかけて、原稿用紙145枚にまとめた。米国で撮影した写真約1万枚の中から153点を選び、手書きの原稿に切り張りして応募した。

挑戦すること夢を伝えたい

 加藤さんは出版に向けた打合せのため、1月26日から2月5日まで日本国内に滞在、2月2日には市内七沢の福元館で、森さんと初対面を果たした。

 加藤さんは今年6月から1年間、子どもの日本語留学のため地元に帰ってくる。滞在中は母校をはじめ、複数の中学校で講演を予定。「子どもたちに挑戦することの大切さや夢を伝えたい。同世代の女性にも希望を与えられたら」と話した。

応募した写真入り手書き原稿用紙のコピー
応募した写真入り手書き原稿用紙のコピー

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

子どもの守り神に

恩名興福寺

子どもの守り神に 文化

山門前に地蔵尊を建立

10月1日号

産後のサポート事業拡充

厚木市

産後のサポート事業拡充 社会

母子のデイケアサービス開始

10月1日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook