厚木版 掲載号:2018年2月23日号
  • LINE
  • hatena

湘南ベルマーレユース出身のゴールキーパーで今シーズンからトップチームに昇格した 真田 幸太さん 上依知出身 18歳

「まずはめざせ1試合」

 ○…高校生でありながら昨年はトップチームに登録された期待の守護神。湘南ユース(下部組織)からトップに昇格した初めてのゴールキーパー(GK)で、「アカデミーの代表としてBMWスタジアムで活躍する姿をみんなに見せたい」と活躍を誓う。プロ契約は勝ち取ったが、まだまだ正GKへの道は険しい。「1日1日を大切に、3人の先輩キーパーからどんどん吸収して、いつ出番が来てもいいように準備したい。まずはめざせ1試合」と決意する。

 ○…サッカーを始めたのは年長の時。友人に誘われたのがきっかけだ。「走るのが苦手で、楽だと思った」という理由で、小1からゴールを守っている。チームに声をかけられ、中学でベルマーレのユニフォームに袖を通し、そこからメキメキと頭角を現した。公式戦では自陣を飛び出し、190cmの長身を生かしたヘディングで2ゴールを決める、フォワード顔負けの活躍も見せた。「点を取る魅力を知った」と白い歯を見せるが、「1点を守りきる。チームを救う1本がキーパーの最大の魅力」と気を引き締める。

 ○…上依知小、藤塚中に通った厚木っ子。相模田名高での高校生活も3月の卒業を待つばかり。「相模川はよく走った。高校へ行く途中の田んぼの景色は好き」と話す。「小さい頃から1番大きかった」と体格に恵まれ、小6で170cmはあったという。靴のサイズは31cm。「足に合う靴を探すのが大変」。映画鑑賞が好きで「『君の膵臓をたべたい』も『ビリギャル』も感動して泣いちゃいました」とピュアな一面も覗かせる。

 ○…あす2月24日(土)から、いよいよリーグ戦が始まる。「自分が出た時は、球際の激しさをぜひ見てほしい。迫力あるプレーで観客を湧かせたい」と意気込む。そして、「ゆくゆくは湘南から世界へ飛び立てるように頑張りたい」と夢を見据える。アカデミー出身、守護神のプロデビューに期待は高まるばかりだ。

厚木版の人物風土記最新6件

有賀 慶介さん

全日本年金者組合厚木支部の支部長を務める

有賀 慶介さん

2月22日号

須田 哲史さん

厚木市地域包括ケア(研修・啓発・広報)連絡会のリーダーを務める

須田 哲史さん

2月15日号

品川 未知子さん

日本刺繍アーチストとして、2月18日から初の個展を開催する

品川 未知子さん

2月8日号

大野 一郎さん

1月に開館したあつぎ郷土博物館の館長を務める

大野 一郎さん

2月1日号

山本 智明さん

厚木市立小中学校PTA連絡協議会の創立50周年記念祝賀会の実行委員長を務める

山本 智明さん

1月25日号

萩原 トミエさん

厚木市内11カ所で絵手紙教室の講師を務め、現在年賀状展を開催中の

萩原 トミエさん

1月18日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク