厚木版 掲載号:2018年3月9日号
  • LINE
  • hatena

新事業で地域に還元 光運送(株)

経済

 広い敷地には大型トラックからバンまでずらり。その奥には『ベースボールゾーン トライ』の看板。「業務の拡大」として大塚淳代表取締役(52)が表彰されたのは、運送業を営むかたわらスタートさせた『スポーツ事業部』の功績だ。

 約150坪の室内練習場を完備し、小中学校から社会人までのチームに貸しているほか、野球道具販売店舗も構える。また、10年ほど前から光カップ(現トライカップ)と称した小学生の大会を主催しており、約30チームが優勝めざし汗を流している。

 自身も三田フレンズで顧問を、市少年野球協会では理事を務め、「地域に根差し、子どもたちに環境づくりで支援できたら」と立ち上げた事業が評価された。

 本業の運送業は祖父の代から。戦中に運送に携わり戦後の復興とともに独立し、今年で64年目。県トラック協会役員も務めるなど、業界とともに歩んできた老舗だ。安全運転に努め、県内で初めての関東運輸局長表彰も受けている。

 同社が掲げるのは『共生』。「本当の優良産業人となれるよう、地元物流業界全体が盛り上がるよう、地道にやるのみです」と実直に応えた。

厚木版のローカルニュース最新6件

七沢幼稚園

”実り”の秋に野点体験

http://nanasawa-kinder.com/info.html

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク