厚木版 掲載号:2018年5月4日号
  • googleplus
  • LINE

幻の丹下邸を3分の1で再現 厚木の野口直人さんが監修

社会

展示設営中の丹下健三邸再現模型の横に立つ野口さん=4月12日・森美術館
展示設営中の丹下健三邸再現模型の横に立つ野口さん=4月12日・森美術館
 東京都港区の森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)で『建築の日本展〜その遺伝子のもたらすもの』が開催されている。400点超の貴重な資料や模型から、日本建築の本質に迫る展示のメインの一つが、建築家の故・丹下健三氏(1913―2005)の自邸を3分の1サイズで再現したもの。現存しない丹下邸の製作監修をしたのが、市内寿町に設計事務所を構える野口直人さん(東海大学建築学科助教・36)=人物風土記で紹介=だ。

 昨年5月、旧知の仲だった同美術館の展示・制作グループのマネージャーから依頼を受けたのが始まり。単にサイズを縮小した忠実な模型ではなく、「建築家の意図を汲み、その考え方を内包するような作品にしたい」という意向が一致した。

 知人からの紹介で製作を依頼したのが、宮大工棟梁の芹澤毅さん(46・おだわら名工舎理事長)。感覚が鋭く、「文化的に残る仕事をしたい」という志を持つ芹澤さんの技術を得て、方向性や意匠を確認しあいながら完成をめざした。

 森美術館での設営が始まった4月12日の夕方、現場を訪れた野口さんが丹下邸を見て発したのは「大きくてかわいい」という言葉。奥行約6m×幅約3mの「模型だからこそ表現できることが形になった。実寸では感じられない愛らしさが生まれてきてよかった」。

 『建築の日本展』は9月17日(月・祝)まで。会期中は無休。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク