厚木版 掲載号:2018年10月5日号
  • LINE
  • はてぶ

天然アユ出荷 釣り人から買取

文化

梱包されたアユ=同会提供
梱包されたアユ=同会提供
 神奈川県内水面漁業協同組合連合会では、相模川水系の天然アユを釣り人から買い取り、市場へ出荷する試みを今シーズン初めて実施した。

 ほぼ釣り人のもとで消費される天然アユを、広く食卓に届けようと流通を試みたもの。買い取りは7月29日から9月16日まで、厚木あゆ種苗センターと高田橋友鮎販売所で行い、買い取り価格はサイズによって異なり一匹150円以下。度重なる増水などで、期間中15日ほどしか釣りができなかったため、買い取ったアユは合計約15kgにとどまったが「来年も続けたい。じきに多くなっていけば。天然ものは一度食べてもらえれば美味しさが伝わるはず」と同会担当者は熱を込めて話す。

 買い取ったアユは横浜南部市場へ出荷され、デパートやスーパー、築地市場にも出荷されたものもあるという。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもの居場所づくり創出には

子どもの居場所づくり創出には

11月7日(水) マッチングフォーラム

11月7日~11月7日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク