厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

県議会厚木市選挙区 事前説明会に4陣営 3月29日告示、4月7日投開票

政治

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena
説明会の様子
説明会の様子

 任期満了に伴う神奈川県議会議員選挙(3月29日告示、4月7日投開票)の厚木市選挙区(定数3)の立候補予定者事前説明会が3月1日、厚木市役所で行われ、4陣営が出席した。

 説明会に出席したのは、堀江則之氏(75・自民)、山口貴裕氏(46・自民)の現職2陣営と、前県議の佐藤知一氏(49・無所属)、新人の望月真実氏(48・立民)の合わせて4陣営。当日は、立候補や選挙活動における注意点などの確認が行われた。なお、説明会に出席しなくても、立候補の届け出はできる。

現職・堀江氏

 堀江氏は、1943年生まれ。県立中央農業高卒。市職員、市議を経て、1983年の県議選で初当選。現在は8期目。上古沢在住。

 活力ある社会の創出のため、人口減少社会に対応した少子化対策、子育て支援、教育改革を主張する。また、100歳時代を迎える中、健康で働き、生きがいを持って笑顔で暮らせる社会の実現、企業誘致や雇用拡大で魅力ある社会をめざす。

現職・山口氏

 山口氏は、1973年生まれ。桐蔭横浜大卒。民間企業、市議を経て2011年の県議選で初当選。現在は2期目。温水在住。

 待機児童解消により親の社会ストレス等を減らし、子どもの虐待根絶の一助とする。厚木に第2県庁の誘致を図り、市・県・国等の庁舎を統合し、厚木の新たな顔『行政都市』として県央の雄都となる礎づくりと、無料Wi─Fiの拡充を掲げる。

前職・佐藤氏

 佐藤氏は、1970年生まれ。早稲田大学大学院修了。市議を2期務め、2011年の県議選で初当選。今年2月の市長選に立候補。中町在住。

 生産年齢人口の激減が予想される中、働き手がなくなり、税収減となる負のスパイラルを避けるため、高齢化福祉対策の重要性を訴えるとともに、災害対策と被災を見据えた渋滞対策、厚木警察署跡地など、県有地の活用と再整備を掲げる。

新人・望月氏

 望月氏は、1970年生まれ。東京成徳短期大卒。美容関連の会社を起業したのち、2015年の市議選で初当選。現在は1期目。幸町在住。

 「社会に出すまでが子育て」と、成長段階にあわせたきめ細やかな子育て支援と、それに合わせた親の支援の必要性を訴え、ひとりも見捨てない教育環境の整備、高齢者が生活しやすい街づくり、障害者に寄り添える街づくりを掲げる。

 ♢  ♢  ♢

 前回(2015年)の県議選厚木市選挙区は、定数3に対して、立候補が3人で、初の無投票だった。今回、投票が行われると県議選は8年ぶりの選挙戦となる。

 市選管によると、3月1日時点の選挙人名簿登録者数は18万5333人(男・9万5918人、女・8万9415人)。投票が行われた前々回の県議選の投票率は、36・29%だった。なお、県知事選の投開票も同日に行われる。

    〈3月5日起稿〉 
 

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

手作りマスクが好評

障害者就労施設製

手作りマスクが好評 スポーツ

自立支援にも一助

7月10日号

全戸にエコバッグ配布

清川村

全戸にエコバッグ配布 社会

住民と取り組むSDGs

7月10日号

観光支援に1億円

厚木市

観光支援に1億円 社会

8月にクーポンやプレミアム商品券

7月3日号

来館者5万人を達成

あつぎ郷土博物館

来館者5万人を達成 文化

市長「改めて感謝」

7月3日号

又村画伯の作品常設へ

厚木市森林組合

又村画伯の作品常設へ 文化

木と墨のぬくもり溢れるコーナー

6月26日号

新給食センター事業者決定

厚木市

新給食センター事業者決定 教育

22年9月に運用開始

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク