厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

愛川町立高峰小 地域一丸で125周年祝福 ドローンで人文字撮影

教育

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
全校児童が「125」を作り、保護者や地域住民らが周囲を囲んだ
全校児童が「125」を作り、保護者や地域住民らが周囲を囲んだ

 愛川町立高峰小学校(伊従(いより)京子校長)で11月9日、創立125周年を記念した人文字作りが行われた。人文字は上空から無人航空機(ドローン)で撮影。全校児童171人をはじめ、保護者、PTA、地域住民など約650人が祝福した。

 同校は、1894年(明治27年)9月に「角田学校」と「三増学校」が合併して高峰村立尋常高等高峰小学校として開設。今年で125周年を迎えた。

 今回の人文字は、同校で毎年行っている地域ふれあいイベント「みねっ子フェスティバル」にあわせて行われたもの。

 同校では、「児童だけでなく、高峰小にゆかりのある方に一人でも多く参加してもらいたい」との思いから、PTAや保護者に参加を呼び掛けたほか、地域への回覧板や老人会への通知など、幅広くPRを行い、夏前から準備を進めてきた。

 イベント当日は、澄んだ秋晴れに恵まれた。撮影時間が近づくと、卒業生や近隣住民らも続々と来校。子どもから80歳代まで、約650人が人文字を作り、節目を祝う600個の風船が大空に舞った。この様子は、町が所有するドローンで上空から撮影。校庭には「125」の数字と、地域からの参加者による円が描かれた。

 また、イベント会場では校章の焼印が入ったまんじゅうも配られた。参加者からは「久しぶりに同級生と一緒に小学校に来ました。とても懐かしかった」「趣向が凝らされていて、楽しかった」などの感想があがった。

 伊從校長は「PTAの方をはじめ、地域の皆様の支えがあっての高峰小だと思っているので、今回の人文字はぜひゆかりのある全員で作りたかった。準備中は実現できるか不安もありましたが、成功してよかった」と笑顔をみせた。

舞い上がる風船に手を振る児童ら
舞い上がる風船に手を振る児童ら

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

借りて住みたい街1位

本厚木駅

借りて住みたい街1位 社会

コロナ禍で 4位から上昇

9月25日号

町民も火葬炉有料に

愛川聖苑

町民も火葬炉有料に 社会

施設維持見据え10月から

9月25日号

「将来への想い」新たに設定

厚木市総合計画

「将来への想い」新たに設定 社会

基本構想 PC(パブリックコメント)で意見求める

9月18日号

永里優季選手はやぶさ入団

W杯優勝元なでしこJ

永里優季選手はやぶさ入団 スポーツ

男子サッカーに挑戦

9月18日号

中学校も「温かい給食」

愛川町

中学校も「温かい給食」 社会

県内初の全校親子方式

9月11日号

3自治体とも開催へ

2021年成人式

3自治体とも開催へ 社会

2回開催や時間短縮で対応

9月11日号

患者さんに寄り添った病院づくり

身近な人が"あれ?"と思ったら、早めのご相談を

https://yasuragi-atsugi.or.jp/

宝安寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク