厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

本厚木駅南口再開発事業 玄関口 装い新たに 「本厚木ミハラス」など完成

社会

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
完成した本厚木ミハラス
完成した本厚木ミハラス

 本厚木駅南口で進められていた再開発事業が完了し、3日に竣工式が行われた。式典には、小林常良市長や地域の自治会関係者ら50人が参加。市の新しい玄関口の誕生を祝い、今後の安全と発展を祈願した。

 同事業は、都市拠点の形成と交通結節点機能の強化を目的に旭町1丁目と泉町の約8千平方メートルが整備された。駅南口には商業・業務・住宅などの複合的な機能を備えた再開発ビルが建設され、駅前広場には一般車乗降場と歩行者専用デッキを新設し、エスカレーターも設けられた。

 再開発ビルの名称は「本厚木ミハラス」で、地下2階、地上22階建てで高さは約85メートル。1階には銀行や店舗、2階〜3階は飲食店やクリニック、旭町1丁目自治会館などが入る。4階から22階は163戸のマンションとなっている。地下1階は612台を収容する市営駐輪場として活用された。

 施行者は本厚木駅南口地区市街地再開発組合(柳田光太郎理事長)で、2005年の準備組合設立から完成までに16年を費やした。

 式典は人数制限や座席の空間確保など、感染症対策を施して実施。柳田理事長をはじめ、小林市長や寺岡まゆみ市議会議長、市内団体、自治会関係者が出席。玉串を捧げて新たな地域拠点の安全と発展を祈願した。

 あいさつに立った柳田理事長は、「新しくできた施設が南口のランドマークとなり、今後、厚木市が発展してくれたら」と期待を寄せた。

 小林市長は「市街地のにぎわい創出を課題とする中で先頭切って南口がオープンしました。さらなる発展のために北口の再整備にも取り組んでいきたい」と話した。

 式典の最後にテープカットが行われ、歩行者デッキの供用がスタートした。

テープカットのようす
テープカットのようす

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

雇用創出で地域に貢献

雇用創出で地域に貢献 社会

「はーとふる農園愛川」開所

5月7日号

ミス・グランド 神奈川に

厚木市出身落合楓乃さん

ミス・グランド 神奈川に 社会

「うれしさ100%」

5月7日号

青春を重ね開催待つ

東京五輪ソフトボール

青春を重ね開催待つ スポーツ

厚木市在住の飯島さん

4月30日号

映画のロケ地を巡る

伊勢原

映画のロケ地を巡る 社会

10カ所に等身大パネル

4月30日号

9カ月ぶりにパトロール

本厚木駅周辺環境浄化対協

9カ月ぶりにパトロール 社会

約60人で安心安全を訴え

4月23日号

8人の顔ぶれ決まる

清川村議選

8人の顔ぶれ決まる 政治

細野賢一氏がトップ当選

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter